2015年10月発売シングルの感想。


『Must be now』NMB48
(10月7日 最高1位 初動30.7万枚 売上41.8万枚)

「Must be now」
(作詞:秋元康、作曲・編曲:Carlos.K)
石田優美、加藤夕夏、岸野里香、西村愛華、山本彩、梅田彩佳、木下春奈、日下このみ、渡辺美優紀
センターは山本彩。クール系のダンスミュージックナンバー。カップリングでポツンと入っていたら恐らくサラリと聴き流してしまいそうな非売れ線な一曲だが、こうしてA面としてしっかり聴くと中々悪くないなと思える。過去最少人数となる9人という選抜体勢。これ位の人数の方が一人一人にスポットが当たって良いのかなぁ。ただ歌番組とかでそんなに見た記憶も無いし人数どうこうは最早あんまり影響無いようにも感じるが…。
満足度★★★★☆

「片想いよりも思い出を…」
(作詞:秋元康、作曲:松本一也、編曲:板垣祐介)
太田夢莉、小谷里歩、上西恵、須藤凜々花、吉田朱里、植村梓、谷川愛梨、藤江れいな、村瀬紗英、矢倉楓子、白間美瑠、市川美織、門脇佳奈子、内木志、薮下柊、渋谷凪咲
センターは藪下柊。48G王道のフレッシュアイドルナンバーで印象は普通。選抜は次世代メンバー的な感じで取り揃えられているのかもしれないがもっと若い世代も出てきている事だしそこまで完全フレッシュメンバーという感じはしない。前作「ドリアン少年」でセンターだった須藤凜々花はこちらに回された。
満足度★★★☆☆

「Good-bye,Guitar」Team M
(作詞:秋元康、作曲:シマダユウキ・岩崎誠司、編曲:野中“まさ”雄一)
東由樹、石塚朱莉、植村梓、鵜野みずき、沖田彩華、川上礼奈、木下百花、久代梨奈、近藤里奈、武井紗良、谷川愛梨、中野麗来、藤江れいな、松村芽久未、三田麻央、村瀬紗英、森田彩花、矢倉楓子
センターは白間美瑠、矢倉楓子。Type-B収録曲。どこかレトロな雰囲気漂う一曲。タイトル通りギターが目立つ。
満足度★★★☆☆

 限定A  限定B  限定C  通常A  通常B  通常C  劇場盤

―――――――――――――――――――――――――

『東京ドライブ』TOKIO
(10月28日 最高9位 初動1.8万枚 売上2.4万枚)

「東京ドライブ」
(作詞・作曲・編曲:長瀬智也、Horns Arrangement:KAM)
スズキソリオバンディットCMソング。CMで繰り返し聴いて良さげだったのでかなり久々にTOKIOをレンタルしたんだけどこれがかなり良い。イントロやAメロはかなりハードボイルドな感じだがサビになると突き抜けてキャッチーになる。そのギャップも心地良い。ちょっと前に何らかのインタビューで国分が「TOKIOとしてどのように音楽をやっていくのか、メンバー同士カッチリ話し合いをした」と語っているのを読んだ事があるんだけどそのミーティングが上手く作用しているのかもしれない。TOKIOは1stアルバムと01年のベスト位しかしっかり聴いてないんだけど、もっと深く聴いていきたいなと思った。
満足度★★★★☆

「I Believe」
(作詞・作曲:国分太一、編曲:国分太一・長瀬智也・KAM)
「Can we…」
(作詞・作曲・編曲:長瀬智也)
カップリングどちらも重厚なロックナンバーで良い。
どちらも満足度★★★★☆

 初回盤DVD付  通常盤

―――――――――――――――――――――――――

『今、話したい誰かがいる』乃木坂46
(10月28日 最高1位 初動62.7万枚 売上73.0万枚)

「今、話したい誰かがいる」
(作詞:秋元康、作曲・編曲:Akira Sunset・APAZZI)
秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、伊藤万理華、井上小百合、衛藤美彩、齋藤飛鳥、桜井玲香、白石麻衣、高山一実、西野七瀬、橋本奈々未、深川麻衣、星野みなみ、松村沙友理、若月佑美
白石麻衣と西野七瀬のダブルセンターであり映画『心が叫びたがってるんだ』主題歌他。昨年の「何度目の青空か?」をソフトにしたような王道メロディアスナンバー。流石にあの曲程の感銘は無いものの安心安定の良曲でザ・乃木坂という感じ。僕はアニメを観ないのでタイアップとしてどうなのかは分からないが「ここさけ」を観た僕の友人らからは中々好評を博している。歌詞も結構好きなのだけど唯一2番サビラストの〈話したい誰かがいるっていいもんだ~♪〉だけはちょっと…。この流れで〈いいもんだ~♪〉ってちょっと軽くないか、秋元さん。
満足度★★★★☆

「嫉妬の権利」
(作詞:秋元康、作曲・編曲:丸山真由子)
川後陽菜、川村真洋、斎藤ちはる、斉藤優里、永島聖羅、中田花奈、中元日芽香、能條愛未、樋口日奈、和田まあや、伊藤かりん、伊藤純奈、北野日奈子、相楽伊織、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、渡辺みり愛
センターは中元日芽香、堀未央奈。シリアスな空気漂う打ち込みポップ。確かなメロディーの連発で好み。相変わらずカップリングには勿体無い良曲である。
満足度★★★★☆

「ポピパッパパー」
(作詞:秋元康、作曲・編曲:Akira Sunset・ha-j )
秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、伊藤万理華、井上小百合、衛藤美彩、齋藤飛鳥、桜井玲香、白石麻衣、高山一実、西野七瀬、橋本奈々未、深川麻衣、星野みなみ、松村沙友理、若月佑美
Type-A収録曲。センターは白石麻衣、西野七瀬。サマンサタバサCMソング。EDMリズムに乗せて〈ポッピパッパパ~〉と叫び続ける異色ナンバー。初めて聴いた時は「!?」だったのだが繰り返し聴いてたら癖になってきた。しかしこんなCM流れてたっけな?
満足度★★★☆☆

「大人への近道」サンクエトワール
(作詞:秋元康、作曲・編曲:古川貴浩)
中田花奈、中元日芽香、北野日奈子、寺田蘭世、堀未央奈
Type-B収録曲。センターは堀未央奈。アンダーメンバー5人で結成されたユニットによる歌唱。いつの間にこんなん結成してたんだ?楽曲はSKEの研究生とかが歌ってそうな(勝手なイメージ)清楚系ポップス。埋もれてしまいがちな曲だとは思うがこれもかなり良い曲。こういう爽やか青春ナンバーに弱いんだよねぇ…。
満足度★★★★☆

「悲しみの忘れ方」
(作詞:秋元康、作曲:近藤圭一、編曲:久下真音)
秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、伊藤万理華、井上小百合、衛藤美彩、齋藤飛鳥、斉藤優里、桜井玲香、白石麻衣、高山一実、西野七瀬、橋本奈々未、深川麻衣、星野みなみ、松村沙友理、若月佑美、新内眞衣
Type-C収録曲。映画『悲しみの忘れ方~Documentary of 乃木坂46~』主題歌。しっかり地に足をつけて踏みしめていく力強さを放つ一曲。自身のドキュメンタリー映画主題歌という事で、メンバーの悩みもがく気持ちを表したような歌詞が感動的。小中学生の合唱曲にしても違和感が無さそう。
満足度★★★★☆

「隙間」
(作詞:秋元康、作曲・編曲:Akira Sunset・Carlos K.)
伊藤万理華、井上小百合、斉藤優里、桜井玲香、中田花奈、西野七瀬、若月佑美
通常盤、ここさけ盤収録曲。シリアスな空気を纏うミディアムナンバー。これもかなり良い曲だけどこうも連発されると埋もれちゃうよなぁ。今回のシングルは全曲良かった。
満足度★★★★☆

 Type-A  Type-B  Type-C  通常盤  ここさけ盤