2016年7月発売シングルの感想。


『ACROSS』相川七瀬
(7月6日 最高63位 初動・売上939枚)

「ACROSS」
(作詞:藤林聖子、作曲:TETSUYA、編曲:nikka)
L'Arc~en~CielのTETSUYAが作曲。適度にポップで適度にロックな感じのナンバー。聴き終わるとどんなメロディーだったかイマイチ残らないんだけど何となく好感触。
満足度★★★★☆

「僕らのEndless Dream」
(作詞:相川七瀬、作曲・編曲:柴崎浩)
こちらはWANDSやabingdon boys schoolのギタリストとして知られる柴崎浩の作・編曲。柴崎だけあってサビメロはとびきりポップで爽快。どちらの曲も中々に好印象のシングルだった。
満足度★★★★☆

 CD+DVD  CDのみ

―――――――――――――――――――――――――

『ポストに声を投げ入れて』YUKI
(7月13日 最高9位 初動1.0万枚 売上1.5万枚)

「ポストに声を投げ入れて」
(作詞:YUKI、作曲:横山裕章、編曲:YUKI・玉井健二・百田留衣)
映画「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ」主題歌。「喜びの種」や「うれしくって抱きあうよ」系統のほんわかハートフルナンバー。安心安定のYUKIという感じで特にメロディーが素晴らしい。ここんところトリッキーなシングルが続いていたので余計に名曲に感じられた。
満足度★★★★☆

「僕のモンスター」
(作詞:YUKI、作曲:長沼良、編曲:YUKI・玉井健二・百田留衣)
アップテンポナンバー。これはこれでYUKI王道な感じでC/Wといえども良い曲。
満足度★★★★☆

 初回盤DVD付  通常盤  期間限定アニメ盤

―――――――――――――――――――――――――

『薔薇と太陽』KinKi Kids
(7月20日 最高1位 初動19.3万枚 売上21.2万枚)

「薔薇と太陽」
(作詞・作曲:吉井和哉、編曲:船山基紀)
「大人になった硝子の少年」がテーマだという濃厚な歌謡ナンバー。提供はTHE YELLOW MONKEYの吉井和哉であるがイエモンのイメージよりも更に歌謡色が増している感がある。サビがどこだか分からない、というかBメロ以降全部サビみたいな大胆な曲構成も面白いしド派手な歌謡サウンドの後押しもあってかなり好きな一曲になった。テレビ出演時にはバンドを従えた剛、ダンサーを従えた光一でステージを真っ二つに分断一つの舞台で異なるパフォーマンスが同時進行するという衝撃の映像を魅せてくれた(PVでは上下に分断されている)。
満足度★★★★☆

「Fall Dance」
(作詞・作曲:成海カズト、編曲:成海カズト・長田直之)
通常盤収録曲。C/Wらしい小品感があるが澄んだメロディーが冴え渡るクールナンバー。これも中々良い曲。
満足度★★★★☆

「今の僕がある理由」
(作詞・作曲:canna、編曲:sugarbeans)
通常盤収録曲。「青の時代」や「もう君以外愛せない」等の名バラードを手掛けてきたcanna提供だけあって良メロバラードだが印象は薄い。
満足度★★★☆☆

 初回盤A  初回盤B  通常盤

―――――――――――――――――――――――――

『裸足でSummer』乃木坂46
(7月27日 最高1位 初動72.8万枚 売上85.2万枚)

「裸足でSummer」
(作詞:秋元康、作曲:福森秀敏、編曲:APAZZI)
秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、衛藤美彩、齋藤飛鳥、桜井玲香、白石麻衣、高山一実、中元日芽香、西野七瀬、橋本奈々未、星野みなみ、松村沙友理、若月佑美、北野日奈子、堀未央奈
齋藤飛鳥が自身初のセンター。恒例となる夏シングルだが今回はあえてキャッチーさを抑えたかのようなサッパリした仕上がり。普段以上にはハジけるものの48系程にはハジない絶妙なラインを毎年うろつき模索しやっと辿り着いた一つの完成系のような印象を受ける。これが乃木坂の夏!みたいなね。
満足度★★★★☆

「僕だけの光」
(作詞:秋元康、作曲・編曲:Hiro Hoashi)
秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、衛藤美彩、齋藤飛鳥、桜井玲香、白石麻衣、高山一実、中元日芽香、西野七瀬、橋本奈々未、星野みなみ、松村沙友理、若月佑美、北野日奈子、堀未央奈
日本テレビ系「第36回全国高等学校クイズ選手権」応援ソング。センターは齋藤飛鳥で選抜メンも「裸足でSummer」と同じ。チョコマカしたポップス。メロディーがそこまで強いわけでもなく印象は薄い。
満足度★★★☆☆

「シークレットグラフィティー」
(作詞:秋元康、作曲・編曲:ツキダタダシ)
伊藤万理華、井上小百合、川後陽菜、川村真洋、斎藤ちはる、斉藤優里、中田花奈、能條愛未、樋口日奈、和田まあや、伊藤かりん、伊藤純奈、相楽伊織、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、山﨑怜奈、渡辺みり愛
Type-D収録曲。センターは樋口日奈。ザ・昭和な感じのアイドルポップ。メロディーもアレンジも人々がイメージする昭和テイストそのまんまな感じ。こうしたアレンジは割と好みだが全体的な印象は薄味で何度も聴く程では無い。
満足度★★★☆☆

「行くあてのない僕たち」
(作詞:秋元康、作曲:大橋莉子、編曲:佐々木裕)
伊藤万理華、井上小百合
通常盤収録曲。電子系アップテンポナンバー。今作収録曲の中では他に無い曲調なので目立つしメロもサウンドもカッコイイ。伊藤・井上は今回選抜から外れたコンビでありそれ故のこのタイトルなんだろうけど結局こうして曲を貰えたので良かったね。
満足度★★★★☆

 Type-A  Type-B  Type-C  Type-D  通常盤