ZARDシングル&名曲レビュー後半戦。

デビューから96年までのレビューは
ZARD シングル&名曲レビュー 1991-1996
↑コチラですのでクリック。


19thシングル『Don't you see!』
(1997年1月6日 最高1位 初動23.2万枚 売上60.3万枚 登場14週)
作曲:栗林誠一郎、編曲:葉山たけし
フジテレビ系アニメ『ドラゴンボールGT』エンディングテーマ。アニメをあまり観てこなかった僕は、「マイ フレンド」同様またしても同世代よりも遅れてZARDのヒット曲として知った。99年のリクエストベスト『ZARD BEST~Request Memorial~』の1曲目という目立つ位置に収録されていた事もあり、一発で大好きな曲に。これも気分によってはマイベストNo.1に躍り出る事のある名曲である。サビも勿論の事、AメロBメロの切ない雰囲気も最高。特に2番頭の〈TAXI乗り場で 待ってた時の沈黙は たった5分なのにものすごく長く感じた〉の部分が大・大・大好き。間奏で挟み込まれる重厚なコーラスも印象的で、よくカラオケで再現しようと試みるが難しい。
満足度★★★★★
1stセレクション『ZARD BLEND~SUN&STONE~』(リミックス)
2ndベスト『ZARD BEST~Request Memorial~』(リミックス)
3rdベスト『Golden Best~15th Anniversary~』(リミックス)
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~』(リミックス)
ライブ盤『ZARD Cruising & Live~限定盤ライヴCD~』(ライブバージョン)
4thベスト『ZARD Request Best~beautiful memory~』('07 Live Ver.)




―――――――――――――――――――――――――

20thシングル『君に逢いたくなったら…』
(1997年2月26日 最高2位 初動30.1万枚 売上63.6万枚 登場11週)
作曲:織田哲郎、編曲:葉山たけし
この年年間1位となる安室奈美恵「CAN YOU CELEBRATE?」の2週目(46.1万枚)が君臨していたので最高順位は2位。TBS系ドラマ『理想の結婚』主題歌。ザックリしたサウンドが魅力的な爽やかポップソング。結婚ソングらしいけどあまりそういう認識は無い。PVではスタジオのリビングセットで無邪気にはしゃぐ泉水さんの姿が見れるのだがこれが最強に可愛らしい。このPV観たさにカラオケ(DAM)で入れる事も少なくない。名フレーズ満載だが2番サビの〈「大丈夫だよ」という君の言葉が 一番大丈夫じゃない〉が特に好き。言われたい。「Don't you see!」と共に2ヵ月後のセレクションアルバム『ZARD BLEND~SUN&STONE~』に一足早く収録された為、オリジナルアルバムには未収録。
満足度★★★★★
1stセレクション『ZARD BLEND~SUN&STONE~』(リミックス)
2ndベスト『ZARD BEST~Request Memorial~』(リミックス)
4thベスト『ZARD Request Best~beautiful memory~』(リミックス)
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~』(リミックス)



―――――――――――――――――――――――――

21stシングル『風が通り抜ける街へ』
(1997年7月2日 最高3位 初動13.8万枚 売上28.1万枚 登場8週)
作曲:織田哲郎、編曲:徳永暁人
JRA夏競馬CMソング。ちょっとハズしたようなノリが受け付けなくて第1印象はかなり低かった(確かアルバム『永遠』で初めて聴いたんだと思う)。しかし聴いていく内にこの軽快なリズムが癖になっていき、現在ではかなり好きな一曲。天気の良い日に散歩しながら聴きたい。何よりタイトルが爽やかで良い。しかし同じように拒否反応を示したリスナーが多かったのか売り上げはガタ落ちしてしまった(次で一旦盛り返すけど)。
満足度★★★★☆
8thアルバム『永遠
追悼盤『Brezza di mare~dedicated to IZUMI SAKAI~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~

C/W「遠い星を数えて」
作曲:栗林誠一郎、編曲:徳永暁人
カップリング屈指の名曲。やや抑え目のアレンジ、メロディーだがそれが素晴らしい。〈遠い星を数えて カッコいいことって カッコ悪いよ 醒めてるよりも 感情で生きてる人 熱い君を見てると 嬉しくなる〉のフレーズには元気を貰える。
満足度★★★★☆
8thアルバム『永遠
2ndセレクション『ZARD BLENDⅡ~LEAF&SNOW~』(シークレットトラック)
追悼盤『Soffio di vento~Best of IZUMI SAKAI Selection~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~
ライブ盤『ZARD Cruising & Live~限定盤ライヴCD~』(ライブバージョン)



―――――――――――――――――――――――――

22ndシングル『永遠』
(1997年8月20日 最高1位 初動19.8万枚 売上62.9万枚 登場13週)
作曲・編曲:徳永暁人
日本テレビ系ドラマ『失楽園』主題歌。3大ミリオンに匹敵する人気と地位を確立している名バラード。広がりのあるサビは堪らなく染みる。タイアップだったドラマ(当時観てはいなかったけどかなり過激な内容だったと聞く)大人の恋愛が描かれてり、泉水さん曰くテーマは「秘めたる想ひ」なんだとか。文句なしの名曲である。アメリカ・カリフォルニア州のエルミラージ砂漠を車で走り抜けるPVも抜群に雰囲気がある。ZARDの中でも一番印象的なPVかもしれない。
満足度★★★★★
8thアルバム『永遠
1stベスト『ZARD BEST The Single Collection~軌跡~』(Intro Piano Version)
2ndセレクション『ZARD BLENDⅡ~LEAF&SNOW~』(ショートバージョン「永遠~君と僕との間に~)
3rdベスト『Golden Best~15th Anniversary~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~
4thベスト『ZARD Request Best~beautiful memory~』('07 Live Ver.)



―――――――――――――――――――――――――

23rdシングル『My Baby Grand~ぬくもりが欲しくて~』
(1997年12月3日 最高3位 初動14.5万枚 売上33.2万枚 登場9週)
作曲:織田哲郎、編曲:池田大介
NTTドコモ'97冬ソング。「Baby Grand」とは泉水さんがレコーディング時に愛用していたトイピアノの名前から来ているという。安定感のある極上メロディーと適度なバンドサウンドの融合はもはや神の域といっても良い程に素晴らしい。大名曲である。〈心許した ごく少数(わずか)な友人(ひと)には おしゃべりになれるのに〉のフレーズには共感する。
満足度★★★★★
8thアルバム『永遠
2ndベスト『ZARD BEST~Request Memorial~
2ndセレクション『ZARD BLENDⅡ~LEAF&SNOW~
3rdベスト『Golden Best~15th Anniversary~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~
ライブ盤『ZARD Cruising & Live~限定盤ライヴCD~』(ライブバージョン)



―――――――――――――――――――――――――

24thシングル『息もできない』
(1998年3月4日 最高3位 初動10.1万枚 売上24.1万枚 登場10週)
作曲:織田哲郎、編曲:葉山たけし
フジテレビ系アニメ『中華一番!』オープニングテーマ。これはアニメを観ていたので、多分だけど人生で初めて触れたZARD曲だと思う。まぁ「運命のルーレット廻して」(コナン主題歌)と時期が近いから具体的にどっちかは覚えてないが…。思い入れが非常に深く、王道のパワフルナンバーで好きな一曲だ。ちなみにコレが最後の織田哲郎曲となる。カラオケDAMで入れると『中華一番!』のアニメ映像が流れるのだがそれが爆笑モノ。料理アニメなので主人公が敵と料理対決をするのだが、何故かを飛んだり、材料となる動物たちと肉弾戦を繰り広げたりまるでSFバトルアニメみたいな謎展開が炸裂するのだ。笑ってしまい歌えなくなる可能性が高いのでDAMでこの曲を歌う場合には心して入れる事を忠告させていただく。
満足度★★★★☆
8thアルバム『永遠
2ndベスト『ZARD BEST~Request Memorial~
4thベスト『ZARD Request Best~beautiful memory~』(リアレンジバージョン)
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~



―――――――――――――――――――――――――

25thシングル『運命のルーレット廻して』
(1998年9月17日 最高1位 初動12.2万枚 売上24.8万枚 登場9週)
作曲:栗林誠一郎、編曲:池田大介
日本テレビ系アニメ『名探偵コナン』オープニングテーマ。当時毎週観ていたコナン主題歌としてリアルタイムで触れた曲。母親に頼み込み8cmシングルを買ってもらったので、初めて入手したZARDのCDはたしかコレである。アニメでは派手なサウンドだったが、CDでは抑え目なアレンジへと変貌している。ただ元の楽曲自体が良いのでどちらも甲乙つけがたい。25パターンものアレンジが存在しているらしく、アニメ放映期間中でもアレンジ変更がされた(その内の一つは2012年の『ZARD Album Collection ~20TH ANNIVERSARY~』のPREMIUM DISKに収録されている)。
満足度★★★★☆
8thアルバム『永遠』(フェードアウトしないアルバムバージョン)
1stベスト『ZARD BEST The Single Collection~軌跡~』(Re-mix Version)
3rdベスト『Golden Best~15th Anniversary~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~

C/W「少女の頃に戻ったみたいに」
作曲:大野愛果、編曲:池田大介
映画『名探偵コナン 14番目の標的』主題歌。カップリング最強の名曲はやはりコレだろう。壮大なバラードでメロディーの美しさはピカイチ。晩期の重要作家である大野愛果初登場!
満足度★★★★★
8thアルバム『永遠』(アルバムバージョン)
追悼盤『Brezza di mare~dedicated to IZUMI SAKAI~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~
4thベスト『ZARD Request Best~beautiful memory~』('07 Live Ver.)



―――――――――――――――――――――――――

26thシングル『新しいドア~冬のひまわり~』
(1998年12月2日 最高3位 初動11.3万枚 売上20.5万枚 登場8週)
作曲:北野正人、編曲:古井弘人
サッポロビール『冬物語』CMソング。27thシングル「GOOD DAY」と同時発売で、カップリング無しの500円シングルとしてリリースされた。作曲は後にday after tomorrowのギタリストとしてエイベックスからデビューする事となる北野正人。まさかdat以前にビーイングに所属していてしかもZARDに曲提供していたとは驚きだ。王道のザックリした爽やかミディアム。演奏時間は6分を超え、シングルでは最長となるがそんなに怠くは感じない。やや地味ではあるけど、じわじわ来る良さを持った曲。ちなみに編曲の古井弘人は元GARNET CROW。
満足度★★★★☆
8thアルバム『永遠
4thベスト『ZARD Request Best~beautiful memory~

―――――――――――――――――――――――――

27thシングル『GOOD DAY』
(1998年12月2日 最高2位 初動11.4万枚 売上22.4万枚 登場8週)
作曲:綿貫正顕、編曲:池田大介
ビューティーラボ『ナチュラルカラー』CMソング。26thシングル「新しいドア~冬のひまわり~」と同時発売。暗く感情的なロックバラード。かなり染みる良い曲だけど長らくベストの類に入っていなかったので、「新しいドア」に比べて扱いが悪い気がする。しかし売れたのはこっちの方なんだよね。
満足度★★★★☆
8thアルバム『永遠』(アルバムバージョン)
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~

―――――――――――――――――――――――――

「フォトグラフ」
作曲・編曲:徳永暁人
アルバムのラストを飾るバラード。メロディーがとにかく素晴らしく初めて聴いた時から大好きな一曲。無性に懐かしい気持ちになる曲調である。徳永屈指の名曲ではなかろうか。日本テレビ系スペシャルドラマ『刑事たちの夏』エンディングテーマ。
満足度★★★★★
8thアルバム『永遠
4thベスト『ZARD Request Best~beautiful memory~
ライブ盤『ZARD Cruising & Live~限定盤ライヴCD~』(ライブバージョン)



―――――――――――――――――――――――――

28thシングル『MIND GAMES』
(1999年4月7日 最高1位 初動7.6万枚 売上14.7万枚 登場6週)
作曲:綿貫正顕、編曲:綿貫正顕・古井弘人
ZARD最後のチャート1位獲得作品。フジテレビ系『プロ野球ニュース』テーマソング。パワフルな展開がツボに来る。〈流星の上の~♪〉という歌詞がメロディーと抜群に合っており最高。〈おっちょこちょいな彼と一緒に居ると こっちまでTrouble!〉とか〈でも生・き・て・る〉とか意味はよく分からないけど妙にハイテンションなフレーズが光る。『ZARD BEST~Request Memorial~』に収録された為オリジナルアルバムには未収録かつ他のアルバムには収録されていない。
満足度★★★★☆
2ndベスト『ZARD BEST~Request Memorial~



―――――――――――――――――――――――――

29thシングル『世界はきっと未来の中』
(1999年6月16日 最高2位 初動12.1万枚 売上20.1万枚 登場9週)
作曲:岩井勇一郎、編曲:徳永暁人・古井弘人・シオジリケンジ
坂本龍一「ウラBTTB」の4週目(13.5万枚)に敗れ惜しくも2位。テレビ朝日系ドラマ『舞妓さんは名探偵!』主題歌。9thアルバム『時間の翼』では「another style 21」。アルバムとシングルではかなりアレンジが異なるようだけど実はシングル盤を持っていないので王道アレンジしか聴いた事は無い。ZARDらしい一曲という感じで悪くは無いけど特別好きな一曲でも無いかな。
満足度★★★☆☆
9thアルバム『時間の翼』(another style 21)
追悼盤『Brezza di mare~dedicated to IZUMI SAKAI~』(di mare version)
ライブ盤『ZARD Cruising & Live~限定盤ライヴCD~』(ライブバージョン)



―――――――――――――――――――――――――

30thシングル『痛いくらい君があふれているよ』
(1999年10月14日 最高5位 初動6.8万枚 売上12.5万枚 登場6週)
作曲・編曲:シオジリケンジ
ネスカフェモーメントCMソング。個人的に最も印象が薄いシングルがコレ。淡々としていて盛り上がりに欠けるし、途中で炸裂するラップがまた何とも微妙。当時のJ-POP界の流れに合わせようと取り入れたのかもしれないが、ZARDにそういうのは求めてないし何より合わないと思うんだけどな…。ちなみに最後の8cmシングル。
満足度★★☆☆☆
9thアルバム『時間の翼



―――――――――――――――――――――――――

31stシングル『この涙 星になれ』
(1999年12月1日 最高5位 初動8.1万枚 売上12.9万枚 登場6週)
作曲:岩井勇一郎、編曲:古井弘人
テレビ朝日系ドラマ『科捜研の女』主題歌。ロック度の高い激し目の曲。メロディーは中々良いんだけどサウンドの打ち込み感が強くそこがちょっとイマイチかな。もっと骨太のサウンドで聴いてみたい一曲。
満足度★★★☆☆
9thアルバム『時間の翼



―――――――――――――――――――――――――

32ndシングル『Get U're Dream』
(2000年9月6日 最高4位 初動12.3万枚 売上24.1万枚 登場8週)
作曲:大野愛果、編曲:葉山たけし
NHKシドニーオリンピックテーマソング。この前後数作の中ではかなりハジけた魅力がある。この曲は『CDTV』のライブラリー等で耳にする機会も多かったし、この時期のシングル群では割かし好印象。NHKのテーマソングという事で同年の『第51回NHK紅白歌合戦』に出演する可能性があったらしいが、泉水さんが体調不良に陥ったため幻となったという。また体調不良で満足いく写真が用意できなかったのかジャケット写真は93年頃のものであるらしい。
満足度★★★★☆
9thアルバム『時間の翼
3rdベスト『Golden Best~15th Anniversary~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~



―――――――――――――――――――――――――

33rdシングル『promised you』
(2000年11月15日 最高6位 初動8.1万枚 売上11.5万枚 登場5週)
作曲:栗林誠一郎、編曲:Cybersound
テレビ朝日系『土曜ワイド劇場』主題歌。「運命のルーレット廻して」以来となる栗林の登場だが、当時栗林は既に表立った活動を停止していた為、ストック作だったと思われる(98年から現在に至るまで行方不明)。地味な印象のバラードだが、メロディーの良さは確か。
満足度★★★☆☆
9thアルバム『時間の翼』(with P-edition)
追悼盤『Brezza di mare~dedicated to IZUMI SAKAI~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~



―――――――――――――――――――――――――

34thシングル『さわやかな君の気持ち』
(2002年5月22日 最高4位 初動4.4万枚 売上7.0万枚 登場5週)
作曲・編曲:徳永暁人
上戸彩が出演した花王『8×4』CMソング。この年(当時ワタクシ中学1年)からJ-POPにハマり、『ミュージックステーション』や『CDTV』をくまなくチェックするようになった。よって初めてチャートにランクインしてくるZARDを見たのはこのシングルからである。ただ当時は「負けないで」や「マイ フレンド」といった90年代のヒット曲の方に魅かれていたので、新作として出されたこの曲も「昔の曲と比べるとそんなに…」と思い借りたりはしなかった。過去曲の方が圧倒的に輝いて見えていた為である。しかし時が経ち改めて聴いていったらかなり良い曲である事に気づいた。〈空の青さ見るたび 口に出すのが恐くて 駆け抜けた季節だけ ずっと あなたを見ていたよ〉のフレーズには涙が出そうになる。しかし残念なのはこの淡々としたアレンジだ。これではせっかくの曲の魅力が半減してしまうような…。10thアルバム『止まっていた時計が今動き出した』では一転してロックなサウンドに変わっているがこれはこれで爽やかさが失われているように思う。「心を開いて」や「My Baby Grand」辺りの所謂王道アレンジでこの曲を聴いてみたい。
満足度★★★★☆
10thアルバム『止まっていた時計が今動き出した』(Album Ver.)
追悼盤『Brezza di mare~dedicated to IZUMI SAKAI~



―――――――――――――――――――――――――

35thシングル『明日を夢見て』
(2003年4月9日 最高4位 初動3.6万枚 売上6.2万枚 登場8週)
作曲:大野愛果、編曲:小林哲
日本テレビ系『名探偵コナン』エンディングテーマ。「運命のルーレット廻して」以来のコナン主題歌となったが、僕は当時既にコナンを観なくなっていた為『CDTV』のランキングやCMでちょっと耳にする位しか印象は無かった。当時中学のクラスでも「今度のZARDの曲良いよね!」と一部で話題になったりしていたが、その頃『ZARD BEST The Single Collection~軌跡~』『ZARD BEST~Request Memorial~』の99年ベスト2枚をを貪るように聴き絶賛懐古中だった僕は「90年代の方が名曲だらけなんだけどな…」と冷めた視点で流していたのを記憶している。今思えば嫌なガキである。そんなわけで確かにそこそこキャッチーさはあるけど未だにそこまで好きじゃない一曲。
満足度★★★☆☆
10thアルバム『止まっていた時計が今動き出した』(Album Mix Version)
追悼盤『Brezza di mare~dedicated to IZUMI SAKAI~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~



―――――――――――――――――――――――――

36thシングル『瞳閉じて』
(2003年7月9日 最高4位 初動2.9万枚 売上4.4万枚 登場7週)
作曲:大野愛果、編曲:徳永暁人
フジテレビ系『すぽると!』テーマソング。前作と印象が被っており未だにそこまで好きじゃ無い一曲。それでも『CDTV』等で耳にしていたのでサビくらいなら記憶していたのだが…。
満足度★★★☆☆
10thアルバム『止まっていた時計が今動き出した
追悼盤『Brezza di mare~dedicated to IZUMI SAKAI~



―――――――――――――――――――――――――

37thシングル『もっと近くで君の横顔見ていたい』
(2003年11月12日 最高8位 初動3.2万枚 売上5.0万枚 登場10週)
作曲:大野愛果、編曲:池田大介
『月桂冠「月」』CMソングとして大量オンエアされていたので耳には残っていたがやはり「90年代と比べると…」と思い借りたりはしなかった。未だにそこまで好きになれない一曲。大人っぽ過ぎるというか…。しかし最近になって周囲とZARDの話をすると「この曲が好き!」という声をちょくちょく聞く事があり驚く。
満足度★★★☆☆
10thアルバム『止まっていた時計が今動き出した』(ミックス変更)
3rdベスト『Golden Best~15th Anniversary~



―――――――――――――――――――――――――

38thシングル『かけがえのないもの』
(2004年6月23日 最高4位 初動2.8万枚 売上4.6万枚 登場6週)
作曲:大野愛果、編曲:小林哲
TBS系『恋するハニカミ!』テーマソング。2000年代以降でのZARD代表曲はどれかと問われたらこの曲になるのではなかろうか。王道のミディアムバラードながら熱い秘めたる想いがひしひし伝わってくる名曲である。ファン人気も高く08年の『ZARD Request Best~beautiful memory~』のファン投票では「あの微笑みを忘れないで」「少女の頃に戻ったみたいに」に次ぐ総合3位という高順位を獲得し収録された(シングルに限れば1位である)。ラストに〈(心の)泉から溢れ出るこの気持ち〉と自身の名前がさりげなく入っている点からも特別感を匂わせる。
満足度★★★★☆
11thアルバム『君とのDistance
追悼盤『Soffio di vento~Best of IZUMI SAKAI Selection~
4thベスト『ZARD Request Best~beautiful memory~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~



―――――――――――――――――――――――――

39thシングル『今日はゆっくり話そう』
(2004年11月24日 最高5位 初動2.1万枚 売上3.3万枚 登場7週)
作曲:大野愛果、編曲:徳永暁人
『月桂冠「月」』CMソング。抑えめのサビだが、何よりサウンドに勢いを感じる。発売から数年経って大好きになった曲。オ~オ~オ~オ~というコーラスもツボ。やや言葉数を詰め込んだAメロも好きである。
満足度★★★★★
11thアルバム『君とのDistance
3rdベスト『Golden Best~15th Anniversary~



―――――――――――――――――――――――――

40thシングル『星のかがやきよ/夏を待つセイル(帆)のように』
(2005年4月20日 最高2位 初動3.3万枚 売上8.0万枚 登場13週)
94年の「この愛に泳ぎ疲れても/Boy」以来となる両A面シングル。

「星のかがやきよ」
作曲:大野愛果、編曲:葉山たけし
日本テレビ系『名探偵コナン』オープニングテーマ。「Get U're Dream」以来5年ぶりに葉山たけしが復活という事でパワフルなアレンジが帰ってきた。全盛期程では無いけど中々好きなナンバーだ。
満足度★★★★☆
11thアルバム『君とのDistance
3rdベスト『Golden Best~15th Anniversary~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~

「夏を待つセイル(帆)のように」
作曲:大野愛果、編曲:葉山たけし
映画『名探偵コナン 水平線上の陰謀』主題歌。王道ミディアムでもあり、どこか新境地を思わせるような匂いも持ち合わせた名曲。当時CMでちょろっと聴いただけでも印象的だったのを覚えている。
満足度★★★★☆
11thアルバム『君とのDistance
3rdベスト『Golden Best~15th Anniversary~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~



―――――――――――――――――――――――――

「君とのふれあい」
作曲:大野愛果、編曲:葉山たけし
当時アルバムのCMでもこの曲が流れていた。ZARDバラードの集大成ともいうべき珠玉の一曲。年齢・キャリアを重ねた事による深みを醸しだす名曲である。
満足度★★★★★
11thアルバム『君とのDistance



―――――――――――――――――――――――――

41stシングル『悲しいほど貴方が好き/カラッと行こう!』
(2006年3月8日 最高6位 初動2.0万枚 売上3.4万枚 登場14週)
両A面シングル。

「悲しいほど貴方が好き」
作曲:大野愛果、編曲:葉山たけし
日本テレビ系『名探偵コナン』エンディングテーマ。タイトル通り悲しさが滲み出たナンバーで悪くは無いんだけどどうも印象が薄い。
満足度★★★☆☆
追悼盤『Brezza di mare~dedicated to IZUMI SAKAI~

「カラッと行こう!」
作曲:大野愛果、編曲:葉山たけし
フジテレビ系『めざましどようび』テーマソング。こっちも印象が薄いなぁ…。
満足度★★★☆☆
アルバム未収録



―――――――――――――――――――――――――

42ndシングル『ハートに火をつけて』
(2006年5月10日 最高10位 初動1.7万枚 売上2.7万枚 登場9週)
作曲:大野愛果、編曲:葉山たけし
TBS系愛の劇場『すてきにコモン!』主題歌。まさかこれが生前最後のシングルになるとは思ってもいなかったので、出た当時はそんなに印象の無い曲だった。今になって見ると〈君の傍から もう 離れない 自分で選んだ人生(みち)だもの〉というフレーズが妙に胸に来る。情報によるとこの年の6月に泉水さんは子宮頸癌と診断されていたらしい。
満足度★★★★☆
3rdベスト『Golden Best~15th Anniversary~



―――――――――――――――――――――――――

90年代の大ヒット期を超え、良曲を出しつつも徐々に存在が地味になりつつあった2007年5月に飛び込んできたのは「ZARD坂井泉水 入院先の病院の階段から転落死」というあまりにも信じ難い衝撃ニュースだった。当時高校の昼休みだった僕は母親からのメールでこの事実を知ったわけだがあまりに突飛な内容だったので「は?」となり数秒間思考停止状態に陥ったのを今でも覚えている。

―――――――――――――――――――――――――

43rdシングル『グロリアス マインド』
(2007年12月12日 最高2位 初動5.0万枚 売上8.4万枚 登場10週)
作曲:大野愛果、編曲:葉山たけし
日本テレビ系『名探偵コナン』オープニングテーマ。泉水さんが人生で最後にレコーディングしたとされる曲で、未完成だった音源をやりくりして何とか一つの楽曲として仕上げている。その為サビ以外が英語だったり、1番の後間奏に入りまた1番が繰り返されるといった構成になっている。英語の部分は仮歌なのだろうか?もしも存命だったら後々日本語の歌詞に書き換えて発表されていたかもしれない。そんな諸々の経緯もあって中途半端な作りではあるものの、哀愁ある曲調ともあいまってそこが逆に涙腺を刺激する名曲に仕上がっている。ちなみにV6「way of life」(初動9.1万枚)に敗れ1位を逃した為、当時は「ジャニーズ空気読めよ…」という声を周りでよく聞いた。
満足度★★★★★
4thベスト『ZARD Request Best~beautiful memory~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~



―――――――――――――――――――――――――

44thシングル『翼を広げて/愛は暗闇の中で』
(2008年4月9日 最高3位 初動5.0万枚 売上8.4万枚 登場12週)
両A面シングル。

「翼を広げて」
作曲:織田哲郎、編曲:明石昌夫
映画『名探偵コナン 戦慄の楽譜』主題歌。両A面1曲目。93年にDEENに歌詞提供した曲のセルフカバー。レコーディング自体は10年以上前に行われていたらしいが発表は見送られていたという。無難で王道のカバーだがやはり良い曲だな~という事を再認識させてくれる。DEENバージョンではラストに泉水さん含め大黒摩季や川島だりあ等が登場し大合唱となって終わるがこちらはストレートにサビを歌い上げて静かに終わる。
満足度★★★★☆
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~

「愛は暗闇の中で featuring Aya Kamiki」
作曲:栗林誠一郎、編曲:森下志音(SCHON)
日本テレビ系『名探偵コナン』オープニングテーマ。91年のデビューシングル「Good-bye My Loneliness」のカップリング曲をリメイク。生前の泉水さんによって歌詞が4行書き加えられている。当時ビーイングに所属しZARDを尊敬していたという上木彩矢がゲスト参加。原曲の硬質な感じが現代風の迫力あるバンドサウンドに変更されておりかなりカッコイイ仕上がり。元々は80年代のヘヴィメタルバンド・BLIZARD(ビーイング所属)の楽曲「EMPTY DAYS」のカバーであるという。
満足度★★★★☆
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~

初回盤DVD付 通常盤

―――――――――――――――――――――――――

45thシングル『素直に言えなくて ~featuring Mai Kuraki~』
(2009年5月27日 最高5位 初動3.6万枚 売上5.0万枚 登場8週)
作曲:坂井泉水、編曲:岡本仁志
2ndシングル「不思議ね…」のカップリング曲であり、泉水さんが初めて作曲したというナンバーをリアレンジしてシングル化。現状、ZARD最後のシングル作品である。今回はコーラスとして倉木麻衣が参加しているが本当に些細なコーラスが入っているだけなので意識しないと気付かない可能性も高い。またも初期の硬質ロックナンバーを現代風にバージョンアップしたという感じで迫力が増しており聴き応えは抜群だ。
満足度★★★★☆
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~

初回盤DVD付 通常盤