作詞・ボーカルを務める坂井泉水を中心とした音楽ユニット・ZARD。僕がビーイング系にハマるキッカケとなった存在であり個人的殿堂入り歌手の一組でもある。透明感という表現は彼女の為にあるのではないか。そんなZARDの名曲達をピックアップして紹介しよう。とにかく素晴らしい名曲を沢山残してくれた。


1stシングル『Good-bye My Loneliness』
(1991年2月10日 最高9位 売上20.9万枚 登場15週)
作曲:織田哲郎、編曲:明石昌夫
記念すべきデビュー曲。初登場は28位だったが、少しずつチャートを上昇していき4週目には最高位となる9位を記録した。ドラマ『結婚と理想の現実』主題歌として制作され、フジテレビのプロデューサーがいくつかの候補の中から選択したのが泉水さんのデモだったという経緯があるらしい。初めて聴いたのは97年の1stセレクションアルバム『ZARD BLEND~SUN&STONE~』でだったのだが(ボーカルが新録されたバージョン)、その時には正直「何か地味な曲だなぁ」位の印象しか無かった。しかし淡々とした中にも力強さがあり、何度も聴く内に徐々に引きこまれていき、今ではかなり好きな一曲となっている。
満足度★★★★★
1stアルバム『Good-bye My Loneliness
1stセレクション『ZARD BLEND~SUN&STONE~』(ボーカル新録)
3rdベスト『Golden Best~15th Anniversary~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~



―――――――――――――――――――――――――

2ndシングル『不思議ね…』
(1991年6月25日 最高30位 売上3.1万枚 登場5週)
作曲:織田哲郎、編曲:明石昌夫
日本テレビ系『マジカル頭脳パワー』エンディングテーマ。全盛期に引けをとらない王道爽やかナンバー。大ヒットしたベスト盤の類には収録されてないので2ndアルバムを聴くまで全く知らない曲だったがこれはかなり好み。泉水さんといえば見た目があまり変らない事でもお馴染み(?)だが、この曲のPVは初期という事もあってかかなり若く言える。健康的なポニーテール姿がカワユイ。
満足度★★★★☆
2ndアルバム『もう探さない
4thベスト『ZARD Request Best~beautiful memory~

不思議ね

―――――――――――――――――――――――――

3rdシングル『もう探さない』
(1991年11月6日 最高39位 売上3.7万枚 登場9週)
作曲:織田哲郎、編曲:明石昌夫
テレビ朝日系ドラマ『七人の女弁護士』主題歌。歌謡曲テイスト溢れる一曲でこれも好み。「不思議ね…」と同様に2ndアルバムを聴くまで知らなかった。海岸で物思いにふけるPVも好き。前作のポニーテールから一転、髪を下ろしただけでかなり大人っぽく見える。
満足度★★★★☆
2ndアルバム『もう探さない
追悼盤『Brezza di mare~dedicated to IZUMI SAKAI~



―――――――――――――――――――――――――

4thシングル『眠れない夜を抱いて』
(1992年8月5日 初登場18位 最高8位 初動2.7万枚 売上45.8万枚 登場17週)
作曲:織田哲郎、編曲:明石昌夫・池田大介
初登場は18位で、最高位の8位は7週目に記録した。テレビ朝日系『トゥナイト』エンディングテーマ。40万枚を突破したブレイク曲。この曲からいわゆる90年代メガヒット期に突入してゆく。現在我々が抱いているZARDのイメージや音楽性がこのあたりで確立された事もあり、一つのターニングポイントとして捉えられる曲。楽曲としては当時のビーイング王道のストレートなポップス。特別大好きって訳でも無いけど全く飽きが来ない。またこの曲から、後に伝説化するテレビ出演が一時的に行われ『ミュージックステーション』等にも数回出演した。その時のトーク映像を某動画サイトで観たのだが泉水さんと並んで数人の男がひな壇に座っていた。どうやらこの頃(「負けないで」直前辺りまでか?)はZARDは泉水さんを含めた複数人によるバンド形態だったようである。あの男性陣は一体何者で、いま現在はどこで何をしているのだろう。「俺って昔ZARDのメンバーだったんだゼ!」と周りに自慢でもして暮らしているのだろうか。
満足度★★★★☆
3rdアルバム『HOLD ME
1stセレクション『ZARD BLEND~SUN&STONE~
3rdベスト『Golden Best~15th Anniversary~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~
ライブ盤『ZARD Cruising & Live~限定盤ライヴCD~』(ライブバージョン)



―――――――――――――――――――――――――

「あの微笑みを忘れないで」
作曲:川島だりあ、編曲:明石昌夫
フジテレビ系ドラマ『腕まくり看護婦』シリーズ主題歌。アルバム曲ながら多くのベスト盤、企画盤に収録される人気ナンバー。特に99年の『ZARD BEST~Request Memorial~』の投票では5位(シングル曲を除くと1位)、08年の『ZARD Request Best~beautiful memory~』の投票では1位を獲得している。青春を感じる曲。それはメロディーや歌詞のチカラもあるんだろうけど、個人的に中学生という人生で最も多感な時期にこの曲を知ったというのがかなり大きいんだろうとも思う。〈25時 砂の上に車を止めて 語り明かしたあの夏 ぬるいコーラしかなくても 夢だけで楽しかった〉〈やりたいこと 欲しいものも 抱えきれないほどで 切なさのハードル越えられたね〉等、胸を打つフレーズが満載。知った当初はメロディーがお気に入りで聴いていたが、大学生になった頃に歌詞の魅力に気づいた。ただ単に昔は良かったと懐古に走るのではなく、あの頃があったから今があるんだという一歩先の感慨を教えてくれる。ぬるいコーラもレンガ色の空も具体的な思い出があるわけじゃないのにこんなにも胸に染みるのは何故なんだろう大名曲
満足度★★★★★+1
3rdアルバム『HOLD ME
1stセレクション『ZARD BLEND~SUN&STONE~
2ndベスト『ZARD BEST~Request Memorial~
追悼盤『Soffio di vento~Best of IZUMI SAKAI Selection~
4thベスト『ZARD Request Best~beautiful memory~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~
ライブ盤『ZARD Cruising & Live~限定盤ライヴCD~』(ライブバージョン)

「遠い日のNostalgia」
作曲:望月衛介、編曲:明石昌夫
『ZARD BEST~Request Memorial~』にも11位という好順位で収録された初期の名バラード。淡々としつつも神秘的なオーラに包まれた最高の一曲である。作曲の望月衛介はビーイングのピアニストであり、かつてはB.B.クィーンズのメンバーとしても活動していたらしい。
満足度★★★★★
3rdアルバム『HOLD ME
2ndベスト『ZARD BEST~Request Memorial~
追悼盤『Soffio di vento~Best of IZUMI SAKAI Selection~



―――――――――――――――――――――――――

5thシングル『IN MY ARMS TONIGHT』
(1992年9月9日 最高9位 初動3.8万枚 売上32.2万枚 登場13週)
作曲:春畑道哉、編曲:明石昌夫
TBS系ドラマ『学校があぶない』主題歌。TUBEのギタリスト・春畑道哉の作曲。前作とは変わってマイナーな歌謡路線の一曲。次の「負けないで」で大ブレイクを果たしたせいか曲調だけでなく存在までもがマイナーになってしまっている感があるが、秋の切なさを醸し出すこのメロディーは好み。これも『Mステ』で披露されていたのでたまーに過去映像が流れる時がある。
満足度★★★★☆
4thアルバム『揺れる想い
1stセレクション『ZARD BLEND~SUN&STONE~』(リミックス)
3rdベスト『Golden Best~15th Anniversary~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~
ライブ盤『ZARD Cruising & Live~限定盤ライヴCD~』(ライブバージョン)



―――――――――――――――――――――――――

6thシングル『負けないで』
(1993年1月27日 初登場2位 最高1位 初動19.3万枚 売上164.5万枚 登場18週)
作曲:織田哲郎、編曲:葉山たけし
フジテレビ系ドラマ『白鳥麗子でございます!』エンディングテーマ。とんねるずの「がじゃいも」(初動25.5万枚)に敗れ初登場は2位だったものの好調な粘りを見せ、4週目に初の1位を獲得。自身最大のヒットシングルとなり、文句ナシの代表曲にまで上り詰めた。世間的にはZARDの代表曲という以上に、『24時間テレビ』内のマラソンで一番のクライマックスにかかる曲という認識が多そう。中学時代、Mステの過去映像で観て最初に好きになった曲がコレだった。この曲目当てで4thアルバム『揺れる想い』を中古購入。そこからZARDを少しずつ知ってゆく事となったので僕にとって入口の一曲であった。あまりに普遍的過ぎて最近は聴く事も少なくなったが、やはり確かな名曲には違いない。サビは応援歌なんだけどAメロBメロは恋愛系の歌詞になっており、よくよく読んでみると何を歌いたいのか分からなかったりする。歌詞中の〈あなた〉は〈今宵は私(わたくし)と一緒に踊りましょ〉なんて言うかなりキザな奴だし、そんな〈あなた〉をひたすら崇拝し愛する主人公にも謎が多い。まぁ好みなんて人それぞれだからあまり口出ししたくは無いが…。
満足度★★★★★
4thアルバム『揺れる想い
1stベスト『ZARD BEST The Single Collection~軌跡~
9thアルバム『時間の翼』(Gomi's 10th Anniversary Special Mix)
3rdベスト『Golden Best~15th Anniversary~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~
ライブ盤『ZARD Cruising & Live~限定盤ライヴCD~』(ライブバージョン)
4thベスト『ZARD Request Best~beautiful memory~』('07 Live Ver.)



―――――――――――――――――――――――――

7thシングル『君がいない』
(1993年4月21日 最高2位 初動17.3万枚 売上80.2万枚 登場15週)
作曲:栗林誠一郎、編曲:明石昌夫
WANDS「愛を語るより口づけをかわそう」の2週目(19.9万枚)に敗れ2位。日本テレビ系ドラマ『彼女の嫌いな彼女』主題歌。一つ前が「負けないで」、この次が「揺れる想い」と大ヒット2曲に挟まれているため影が薄いが、この曲もしっかり80万枚のヒットを飛ばしている。裏で刻まれるエレキのフレーズが心地良い。サビよりもAメロのメロディーが切なくて好みである。作曲の栗林が91年2月にアルバム『You Never Know』の1曲として既に発表していた為、厳密にはカバー曲となるらしい。原曲は聴いた事が無い。
満足度★★★★☆
4thアルバム『揺れる想い』(B-version)
1stセレクション『ZARD BLEND~SUN&STONE~
1stベスト『ZARD BEST The Single Collection~軌跡~
3rdベスト『Golden Best~15th Anniversary~
追悼盤『Brezza di mare~dedicated to IZUMI SAKAI~』(B-version)
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~
ライブ盤『ZARD Cruising & Live~限定盤ライヴCD~』(ライブバージョン)
4thベスト『ZARD Request Best~beautiful memory~』('07 Live Ver.)



―――――――――――――――――――――――――

8thシングル『揺れる想い』
(1993年5月19日 最高1位 初動24.8万枚 売上139.6万枚 登場20週)
作曲:織田哲郎、編曲:明石昌夫
自身初の初登場1位を獲得し、「負けないで」に次ぐ2番ヒットとなった代表曲。『ポカリスエット』CMソングであり、同CMタイアップソングでは歴代最高のセールスを記録した。三大ミリオンの一つだけあって世間的な知名度も高い。90年代ビーイングを象徴するかのように貫かれる徹底的な爽やかさが最高。一番好きな部分はAメロの〈夏が忍び足で近づくよ きらめく波が砂浜潤して〉。何度聴いても、この部分を聴くと凄くワクワクする。「あぁ~、これから夏が来るぞぉ~」みたいな。爽やか過ぎて逆に悲しくなってくるわ
満足度★★★★★
4thアルバム『揺れる想い
1stセレクション『ZARD BLEND~SUN&STONE~
1stベスト『ZARD BEST The Single Collection~軌跡~
9thアルバム『時間の翼』(Gomi's New York Remix)
3rdベスト『Golden Best~15th Anniversary~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~
ライブ盤『ZARD Cruising & Live~限定盤ライヴCD~』(ライブバージョン)
4thベスト『ZARD Request Best~beautiful memory~』('07 Live Ver.)



―――――――――――――――――――――――――

「あなたを好きだけど」
作曲:栗林誠一郎、編曲:明石昌夫
年下の男性との恋愛を歌ったナンバー。曲調は爽快で明るいんだけど歌詞では女性目線の葛藤が描かれており中々深い。90年代J-POP直球といえるサウンド。
満足度★★★★☆
4thアルバム『揺れる想い

「二人の夏」
作曲:栗林誠一郎、編曲:明石昌夫
終わった恋を思い起こすゆったりバラード。クリアなエレキギターの音が切ない名曲。
満足度★★★★☆
4thアルバム『揺れる想い
4thベスト『ZARD Request Best~beautiful memory~



―――――――――――――――――――――――――

9thシングル『もう少し あと少し…』
(1993年9月4日 最高2位 初動25.0万枚 売上84.4万枚 登場12週)
作曲:栗林誠一郎、編曲:明石昌夫
テレビ朝日系ドラマ『ララバイ刑事'93』エンディングテーマ。今作が2位に登場した週の1位は槇原敬之の「No.1」(初動25.7万枚)であり、まさにタイトル通りの順位となりもう少しあと少しの僅差で首位を逃した。この事は『トリビアの泉』でも紹介された事がある。ゆったりとした切ない叙情系バラード。不倫がテーマというだけあってかなりしんみりした仕上がり。歌謡曲のような雰囲気。
満足度★★★☆☆
5thアルバム『OH MY LOVE
1stベスト『ZARD BEST The Single Collection~軌跡~
2ndセレクション『ZARD BLENDⅡ~LEAF&SNOW~
3rdベスト『Golden Best~15th Anniversary~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~
ライブ盤『ZARD Cruising & Live~限定盤ライヴCD~』(ライブバージョン)



―――――――――――――――――――――――――

10thシングル『きっと忘れない』
(1993年11月3日 最高1位 初動29.1万枚 売上87.2万枚 登場15週)
作曲:織田哲郎、編曲:明石昌夫
フジテレビ系ドラマ『白鳥麗子でございます!』主題歌。ビーイングらしい、90年代J-POPど真ん中といった感じの王道爽やかナンバー。安定して大好きな一曲。07年に泉水さんが亡くなってからは、〈暮れゆく都会 あふれる人波 今にも笑顔であなたが現れそうで〉というフレーズを聴くたび泉水さん自身を重ねてしまい涙が出そうになる。中学時代はそうでもなかったが、泉水さんが亡くなった07年以降にぐんぐん印象が上がっていった一曲である。
満足度★★★★★
5thアルバム『OH MY LOVE』(イントロが異なるバージョン)
1stベスト『ZARD BEST The Single Collection~軌跡~
3rdベスト『Golden Best~15th Anniversary~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~



―――――――――――――――――――――――――

11thシングル『この愛に泳ぎ疲れても/Boy』
(1994年2月2日 最高1位 初動29.4万枚 売上88.7万枚 登場15週)
三大ミリオンに次ぐ自身4番ヒットとなっているシングル。

「この愛に泳ぎ疲れても」
作曲:織田哲郎、編曲:明石昌夫
フジテレビ系ドラマ『愛と疑惑のサスペンス』エンディングテーマ。1番はゆったりとしたバラード調で、2番からテンポアップするという2段構成の曲。マイナーでシリアスなメロディーながら激しさを醸し出す名曲。ダークロック系の中でもかなり好きな部類だ。
満足度★★★★☆
5thアルバム『OH MY LOVE
1stベスト『ZARD BEST The Single Collection~軌跡~
3rdベスト『Golden Best~15th Anniversary~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~
ライブ盤『ZARD Cruising & Live~限定盤ライヴCD~』(ライブバージョン)

「Boy」
作曲:栗林誠一郎、編曲:明石昌夫
映画『夏の庭 The Friends』エンディングテーマ。A面ではあるもののオリジナルアルバムには未収録で、約7年後の2ndセレクションアルバム『ZARD BLENDⅡ~LEAF&SNOW~』にてようやく収録された。年下の男性に向けた歌詞なのだろうか?派手さは無く淡々と進んでゆくが意外と侮れない名曲。ちなみにコレも栗林作品のカバーであり原曲は「Girl 今でも」というタイトルで89年に発表されている。
満足度★★★★☆
2ndセレクション『ZARD BLENDⅡ~LEAF&SNOW~
追悼盤『Soffio di vento~Best of IZUMI SAKAI Selection~



―――――――――――――――――――――――――

「Oh my love」
作曲:織田哲郎、編曲:明石昌夫
甘酸っぱい想いを歌い上げるかなりの胸キュンソング。企画盤やベスト盤にも収録されてたりと、シングルと同等の扱いを受けているがそれも納得の大名曲。夏っぽいミディアムテンポのサウンドに乗せて、友達以上恋人未満の二人の物語が爽やかに歌われる。〈ほら走り出したわ あなたへのプロローグ oh my love 無意識に髪をのばし始めたの〉というフレーズがあるが、このように好きな人の為にさりげなく変化をつけたり、奮闘する女性の姿というのは素敵だ。今でもTOP5には入るほどに好きな一曲である。
満足度★★★★★
5thアルバム『OH MY LOVE
1stセレクション『ZARD BLEND~SUN&STONE~
2ndベスト『ZARD BEST~Request Memorial~
3rdベスト『Golden Best~15th Anniversary~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~

「雨に濡れて」
作詞:上杉昇・坂井泉水、作曲:栗林誠一郎、編曲:明石昌夫
ZYYG,REV,ZARD & WANDS featuring 長嶋茂雄名義で93年6月に発売されたシングル「果てしない夢を」カップリング曲のセルフカバー。マイナー調かつアップテンポ。ビーイングお得意とも言えるナンバーでこれまた名曲だ。初めて聴いたのは『ZARD BEST~Request Memorial~』でのオリジナルバージョンだったので、いきなり男の歌声が飛び出してきてビックリした記憶がある。セルフカバーバージョンでは泉水さん一人で歌われているが、サビの最後の音程というかコードに違和感がある。合ってなくないか?これ。故にオリジナルバージョンの方が好き。
満足度★★★★★
5thアルバム『OH MY LOVE
2ndベスト『ZARD BEST~Request Memorial~』(ZYYG,REV,ZARD & WANDS名義のオリジナルバージョン)
4thベスト『ZARD Request Best~beautiful memory~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~

「I still remember」
作曲:栗林誠一郎、編曲:明石昌夫
別れた恋人へ未だ募る想いを歌い上げるラブバラード。切なさ溢れるメロディーが堪らない珠玉の名曲。〈ホテルの午後は ひとけもなくて 時間(とき)だけが 流れてる〉という情景描写が染みまくる。
満足度★★★★★
5thアルバム『OH MY LOVE
2ndベスト『ZARD BEST~Request Memorial~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~



―――――――――――――――――――――――――

12thシングル『こんなにそばに居るのに』
(1994年8月8日 最高1位 初動31.8万枚 売上78.8万枚 登場12週)
作曲:栗林誠一郎、編曲:明石昌夫
三貴『ブティックJOY』CMソング。「この愛に泳ぎ疲れても」と同系統だがこちらの方がやや攻撃的。夏の夜の燃えるような恋を歌っている。そこまで好きじゃない一曲。6thアルバムではバンドサウンドを強調した別アレンジ。
満足度★★★☆☆
6thアルバム『forever you』(別アレンジ)
1stベスト『ZARD BEST The Single Collection~軌跡~
3rdベスト『Golden Best~15th Anniversary~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~



―――――――――――――――――――――――――

13thシングル『あなたを感じていたい』
(1994年12月24日 最高2位 初動30.4万枚 売上73.8万枚 登場10週)
作曲・編曲:織田哲郎
SMAP「たぶんオーライ」(初動31.3万枚)に惜しくも敗れ2位。NTTドコモ・ポケベル『パルフィーV』CMソング。セツナ感溢れるメロディーとサウンドが堪らないZARD冬の名曲。泉水さんの醸し出す儚さが全面に出ている。ちなみに編曲まで織田哲郎が手がけた唯一の作品。
満足度★★★★★
6thアルバム『forever you
2ndベスト『ZARD BEST~Request Memorial~
2ndセレクション『ZARD BLENDⅡ~LEAF&SNOW~
3rdベスト『Golden Best~15th Anniversary~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~



―――――――――――――――――――――――――

14thシングル『Just believe in love』
(1995年2月1日 最高2位 初動29.1万枚 売上65.6万枚 登場11週)
作曲:春畑道哉、編曲:葉山たけし
trf「masquerade」(初動41.9万枚)が居たのでまたも2位。TBS系ドラマ『揺れる想い』主題歌。99年の1stベスト『ZARD BEST The Single Collection~軌跡~』以外のベスト盤に入っていないので若干不遇というか、扱いが悪い一曲という感じがするシングル。しかし悲しみに溢れた切ないバラードでめちゃめちゃ好きな一曲である。メロディーも抜群だし、〈すりきれる程 聴いたアルバムが あの頃たった一人の友達だった〉というAメロの歌詞が好き。個人的隠れた名曲No.1の称号を与えたい(300万枚売れたアルバムに入ってる時点で隠れてはいない気もするが…)。
満足度★★★★★
6thアルバム『forever you
1stベスト『ZARD BEST The Single Collection~軌跡~



―――――――――――――――――――――――――

「Forever you」
作曲:織田哲郎、編曲:明石昌夫
女性が自らの青春を振り返る感動的なバラード。何かキッカケがあれば結婚式の定番ソングとして名を馳せてもおかしくないと思う名曲。そういえば泉水さん自身は結婚する事は無かったな…。
満足度★★★★★
6thアルバム『forever you
2ndベスト『ZARD BEST~Request Memorial~
4thベスト『ZARD Request Best~beautiful memory~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~

「瞳そらさないで」
作曲:織田哲郎、編曲:明石昌夫
DEENに歌詞提供した「瞳そらさないで」のセルフカバー。爽やかサマーポップである原曲とは趣を変え、ボサノヴァ調のまったりしたアレンジとなっている。DEENバージョンは大好きだったので、期待してZARDバージョンを聴いたら「何コレ!?」とズッコけた記憶がある。何回も聴いてたらこれはこれで味があると思えるようにもなってきたが、ここはやはり原曲のような爽快なアレンジでカバーして欲しかった。
満足度★★★☆☆
6thアルバム『forever you



―――――――――――――――――――――――――

15thシングル『愛が見えない』
(1995年6月5日 最高2位 初動33.3万枚 売上72.1万枚 登場11週)
作曲:小澤正澄、編曲:葉山たけし
SMAP「しようよ」(初動35.2万枚)に敗れまたまた2位。エフティ資生堂『SEA BREEZE 1995』CMソング。PAMELAHの小澤正澄作曲だけにスピード感のあるナンバー。特にBメロは歌いこなすのが難しい。メロディーがそこまでキャッチーじゃ無いので中学時代は好きじゃ無かったが、最近になって印象が上がってきた。
満足度★★★★☆
7thアルバム『TODAY IS ANOTHER DAY
1stベスト『ZARD BEST The Single Collection~軌跡~
3rdベスト『Golden Best~15th Anniversary~
追悼盤『Soffio di vento~Best of IZUMI SAKAI Selection~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~



―――――――――――――――――――――――――

16thシングル『サヨナラは今もこの胸に居ます』
(1995年8月28日 最高1位 初動30.9万枚 売上55.1万枚 登場8週)
作曲:栗林誠一郎、編曲:葉山たけし
映画『白鳥麗子でございます!』主題歌他。まったりした曲。サビのメロディーがありふれている気がするが何だかんだ良い曲である。Aメロは普通なのにサビになると突如敬語になるのは何でだろう。また、栗林がゲストボーカル扱いとされているがそんな感じがしないのも何でだろう。
満足度★★★★☆
7thアルバム『TODAY IS ANOTHER DAY』(ボーカル再録)
2ndベスト『ZARD BEST~Request Memorial~
3rdベスト『Golden Best~15th Anniversary~
追悼盤『Soffio di vento~Best of IZUMI SAKAI Selection~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~



―――――――――――――――――――――――――

17thシングル『マイ フレンド』
(1996年1月8日 最高1位 初動36.3万枚 売上100.1万枚 登場21週)
作曲:織田哲郎、編曲:葉山たけし
テレビ朝日系アニメ『SLAM DUNK』エンディングテーマ。「負けないで」「揺れる想い」に次ぐ、ZARD3大ミリオンの一つ。同世代の連中にはスラムダンクのテーマとして認識されているようだが、このアニメを全く観ていなかった僕は普通にZARDのヒット曲として知った。『CDTV』の過去映像で初めて聴いた時から大好きな一曲。パワフルでキャッチー、さらに風のように疾走感のある展開が最高。気分によっては一番好きな曲に挙げる事もある大名曲
満足度★★★★★
7thアルバム『TODAY IS ANOTHER DAY
1stベスト『ZARD BEST The Single Collection~軌跡~
3rdベスト『Golden Best~15th Anniversary~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~
4thベスト『ZARD Request Best~beautiful memory~』('07 Live Ver.)



―――――――――――――――――――――――――

18thシングル『心を開いて』
(1996年5月6日 最高1位 初動33.9万枚 売上74.7万枚 登場15週)
作曲:織田哲郎、編曲:池田大介
「揺れる想い」以来の大塚製薬『ポカリスエット』CMタイアップ。王道の爽やかミディアムナンバーでこれまた名曲。これも気分しだいで好きな曲No.1に挙げる時がある。PVでは泉水さんがどこかの外国の街を歩き、現地の人々と交流している。雰囲気が非常に良い。
満足度★★★★★
7thアルバム『TODAY IS ANOTHER DAY
1stセレクション『ZARD BLEND~SUN&STONE~
1stベスト『ZARD BEST The Single Collection~軌跡~
3rdベスト『Golden Best~15th Anniversary~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~
ライブ盤『ZARD Cruising & Live~限定盤ライヴCD~』(ライブバージョン)
4thベスト『ZARD Request Best~beautiful memory~』('07 Live Ver.)



―――――――――――――――――――――――――

「Today is another day」
作曲:織田哲郎 編曲:池田大介
アルバム曲ながら06年のベスト盤『Golden Best~15th Anniversary~』でシングルに混じって収録された。仮タイトルは「今日が変わる」。アルバムのタイトル曲であり、どっしりしたミディアムナンバー。ホーンが目立っていたり、全体的にカラッとしたオシャレな雰囲気に包まれている。間奏の流れとかが優雅で好き。アルバムのジャケット写真(モナコで撮影されたとか)の開放感をピッタリ表している楽曲であると思う。〈かわいくなれない 本当の理由(わけ)は あなたが私を選ばないって 知っているから〉というフレーズがいじらしい。
満足度★★★★★
7thアルバム『TODAY IS ANOTHER DAY
3rdベスト『Golden Best~15th Anniversary~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~

「見つめていたいね」
作曲:栗林誠一郎 編曲:明石昌夫
バイク事故で他界した仙台市のZARDファンの高校生に向けて書かれた曲。〈3Gのキーパーも 天国から見てる〉というフレーズの〈3Gのキーパー〉とは亡くなった彼の事である。アルバムのラストを飾るに相応しい名バラード。
満足度★★★★★
7thアルバム『TODAY IS ANOTHER DAY
追悼盤『Soffio di vento~Best of IZUMI SAKAI Selection~




97年以降のレビューは
ZARD シングル&名曲レビュー その2 ~1997-2009~
↑こちらですのでクリック!