時の扉
WANDS


01.時の扉
02.このまま君だけを奪い去りたい
03.星のない空の下で
04.もっと強く抱きしめたなら
05.ガラスの心で
06.そのままの君へと…
07.孤独へのTARGET
08.Mr.JAIL
09.Keep My Rock'n Road
10.世界中の誰よりきっと~Album Version~


1993年4月17日、初登場1位(4週連続)
初動41.1万枚、売上162.6万枚、登場33週
東芝EMI
Produce:長戸大幸

1994年2月2日(再発)
B-Gram RECORDS


WANDSの2ndアルバム『時の扉』。シングル「もっと強く抱きしめたなら」(1位 166.3万枚)「時の扉」(1位 144.3万枚)収録。「このまま君だけを奪い去りたい」はDEENに歌詞提供したシングル曲のセルフカバー、「世界中の誰よりきっと~Album Version~」は中山美穂とのコラボシングルのセルフカバー。初回出荷盤は三方背収納BOX付属。シングル「愛を語るより口づけをかわそう」と同時発売され、シングル・アルバム同時に初登場1位を獲得。その後4週連続で共に首位を守った(これは未だに同時首位最長記録とされている)。ミリオンセラーを達成し、自身最高のアルバム売上となった。自身のユニットSO-FIを結成する為に脱退した大島の後任として木村真也が加入して初のアルバム(これ以降が第2期WANDS)。

収録シングルのイメージのまま、ポップでキャッチーなナンバーが並んでいて聴きやすい。90年代ビーイングど真ん中という感じの作品だ。ただシングル級かそれ以上の名曲と言える「星のない空の下で」や歌詞提供やコラボで大ヒットした曲のセルフカバー等主要な楽曲はどれも後のベスト盤に収録されているので今作を聴きかえす事は少ない。大ブレイク期だけあってWANDSのパブリックイメージほぼそのままなアルバムではあるんだけど、この時期の雰囲気はベスト盤でも大体掴めてしまうので手に取る優先順位は最後の方でも良いと思う。

「世界中の誰よりきっと~Album Version~」は上杉が単独でボーカルを務めるWANDSバージョンとなっておりコーラスとして宇徳敬子が参加している。華やかさのあった原曲とは違って若干物悲しい哀愁の入ったナンバーに仕上がっておりこちらのバージョンもかなり好みだ。一方で「このまま君だけを奪い去りたい」のセルフカバーはDEEN池森の声で慣れているせいか個人的にはイマイチだった。

満足度★★★☆☆