Little Bit…
WANDS


01.天使になんてなれなかった
02.恋せよ乙女
03.DON'T CRY
04.君にもどれない
05.声にならないほどに愛しい
06.Little Bit…
07.愛を語るより口づけをかわそう


1993年10月6日、最高2位
初動48.3万枚、売上95.2万枚、登場20週
東芝EMI
Produce:WANDS

1994年4月1日(再発)
B-Gram RECORDS


WANDSの3rdアルバム『Little Bit…』。シングル「愛を語るより口づけをかわそう」(1位 112.1万枚)「恋せよ乙女」(1位 81.9万枚)に加え、「時の扉」カップリングから「声にならないほどに愛しい」を収録。この曲はMANISHへ歌詞提供した曲のセルフカバーであり、今作収録にあたりギターソロが変更されている。前作『時の扉』を超える初動を記録したがCHAGE and ASKA『RED HILL』(初動60.0万枚)に阻まれ最高位は2位。94年にB-Gram RECORDSから再発された。

前作『時の扉』のような耳当たりの良いポップナンバーだけでなく、若干癖のあるメロディーやロックテイストの曲も見られる。柴崎作曲の表題曲「Little Bit…」は一筋縄では行かないメロディー展開が魅力の名バラードでオススメだし、大陸的なロック「DON'T CRY」も中々の名曲。しかしこの時になって「時の扉」カップリングだった「声にならないほどに愛しい」をわざわざ引っ張ってきて収録しているのは何故なのだろう…。シングル収録時とはギターソロが変わっていると言うけど7曲しか無いミニアルバムに既出曲を入れる位ならその分新曲を用意すべきだったのでは?情報によると同年にZYYGに歌詞提供していた「君が欲しくてたまらない」のセルフカバーを収録する予定もあったそうで、そちらを入れていた方がアルバムとして締まった気がする(結局そのセルフカバーは02年の『complete of WANDS at the BEING studio』に収録されるまでお蔵入りとなった)。

満足度★★★☆☆