MOMENT
SPEED





01.White Love
02.ALL MY TRUE LOVE
03.STEADY
04.Wake Me Up!(growin' up! mix)
05.ALIVE
06.Body & Soul
07.ナマイキ(愛❤❤❤Version)
08.Go! Go! Heaven
09.熱帯夜
10.Luv Vibration
11.my graduation
12.White Love(Christmas Standard)


1998年12月16日、初登場1位
初動125.4万枚、売上231.9万枚、登場28週
Produce:伊秩弘将
トイズファクトリー


SPEEDの1stベストアルバム『MOMENT』。これまでのシングル8作に加え、アルバム・カップリングから3曲をチョイス。シングルでは前作『RISE』以降に出た「ALIVE」(1位 96.5万枚)「ALL MY TRUE LOVE」(1位 122.1万枚)がアルバム初収録。ラストには「White Love」のオーケストラアレンジバージョンが収録され、更にシークレットトラックとしてこのアレンジのインストも収録されている。またも初動ミリオンを叩き出し、累計で前作『RISE』を上回り自身最大ヒット作となった。

僕がJ-POPに興味を持ったのが2002年であり、90年代を中心に様々なCDを集めていく中で「SPEEDをちゃんと聴いてみよう」と思って手にしたのが既に中古屋で投げ売り状態になっていた今作だった。なので個人的に思い入れの深いアルバムだが、この後アルバム1枚を出して解散となったので立ち位置が中途半端なベスト盤にもなってしまっている。発売当時はデビューからのヒットシングル満載+最新ヒット「ALIVE」「ALL MY TRUE LOVE」の収録、更に発売時期に合わせた「White Love」のクリスマスバージョンというトピックがあり問答無用の大ヒットとなったわけだが…。98年末当時の需要に最大限に答えた、タイトル通りまさにこの瞬間(MOMENT)に売れる事のみを目的として作られたバリバリの商業作品という印象が強い。

…なんてマイナスな事を書き綴ってきたけど、SPEEDの入り口として選ぶアルバムとしては現在でもかなりオススメの一作ではある。SPEEDのヒット曲・代表曲として語り継がれている曲たちはほぼこの時期までだったりするし、2作に分けられた解散ベスト『Dear Friends』と違って有名ヒットシングルを1枚にギュっと凝縮して聴けるという点も大きな魅力。時系列で無いぶんアルバムとしての流れも良いように思う。未だに久々にSPEED聴こうかなってなった時に手にするのは今作だし。僕の中でSPEEDは98年までと99年以降でどこか区切られている部分があるんだけどそれは今作の影響が強いのかも。現役時代のシングル制覇に拘るならば『Dear Friends』2作の方が良いけど、初心者が今作1枚で満足・完結してもそれはそれで良いんじゃないかなと感じる。

満足度★★★★★