Carry On my way
SPEED





01.Carry On my way
02.蒼いリグレット
03.Long Way Home(Album Edit)
04.Deep Blue&Truth
05.Luv Blanket
06.Breakin' out to the morning
07.Snow Kiss
08.You are the moonlight
09.Lookin' for Love
10.Precious Time
11.Two of us
12.Eternity
13.Confusion
14.Don't be afraid


1999年12月22日、初登場1位
初動56.7万枚、売上88.5万枚、登場12週
Produce:伊秩弘将
トイズファクトリー


SPEEDの3rdアルバム『Carry On my way』。シングル「Precious Time」(2位 62.3万枚)「Breakin' out to the morning」(2位 58.2万枚)「Long Way Home」(2位 61.3万枚)収録。99年になるとメンバー個々の活動が本格化。3月に上原多香子、6月にHITOE'S 57MOVE(新垣)、8月にhiro(島袋)が相次いでソロデビューを果たした(今井は解散直前の00年3月にEriko with Crunchとしてソロデビュー)。そんな中10月5日にSPEED解散発表が行われ、2000年3月31日を持って解散する事を表明。11月20日から解散決定により急遽決定されたファイナルツアー『SPEED DOME TOUR 1999 REAL LIFE』が開催。このツアー終了直前に今作がリリースされた。ベスト盤含めてデビューから4作連続1位は獲得したものの、98年末までの勢いが嘘のように売上は低迷。初のミリオン割れとなりこの時点でのアルバム最低売上となった。

宇多田ヒカルやMISIAの登場によって音楽シーンがガラリとR&B色に変わっていった混沌の世紀末。SPEEDもその流れに乗ったのか、これまでのような元気さ、全開さは影を潜め全体的にR&B調のクールな作風に変貌している。ジャケットも前2作と比べて一気に大人の女性感が漂っているし(それでもまだ全員10代なんだけどね)、何だか一気に落ち着いちゃったような印象だ。確か05~06年頃に中古で『Starting Over』『RISE』を買った流れで今作も買った…と思うんだけど、その2作と比べて何故か全く聴いた記憶が無く長らく本棚に眠っていた。当時多分このクールな曲調に挫けてCD止めちゃったのかなぁ…。今回改めて聴いてみたけどやはりこのR&B系のクールナンバー連発はキツイものがある。馴染みにくいな~と思った表題曲「Carry On my way」もアルバム全て聴き終えるとまだキャッチーな部類だったんだなと思えるし。そんな中「Snow Kiss」なんかは中々の名曲だと感じたものの、やはりアルバム全体の印象は薄味だ。

満足度★★★☆☆