Memorial BEST~Gift of Melodies~
the FIELD OF VIEW





DISC-1
01.gift
02.君がいたから
03.突然
04.Last Good-bye
05.DAN DAN 心魅かれてく
06.ドキッ
07.Dreams
08.この街で君と暮らしたい
09.渇いた叫び
10.めぐる季節を越えて
11.君を照らす太陽に

DISC-2
01.CRASH
02.青い傘で
03.Still
04.冬のバラード
05.Beautiful day
06.秋風のモノクローム
07.Truth of Love
08.夏の記憶
09.蜃気楼
10.Melody
11.gift~my dearest~


2002年10月9日、最高19位
初動1.2万枚、売上1.6万枚、登場2週
Produce:BMF
ZAIN RECORDS


the FIELD OF VIEWの3rdベストアルバム『Memorial BEST~Gift of Melodies~』。01年に日本コロムビア(Beat reC)からZAIN RECORDSへ戻り、the FIELD OF VIEWに改名した後の02年7月に解散を発表。10月に今作がリリースされた。95年のFIELD OF VIEWとしてのデビューから解散に至るまでの全シングルを発売順に収録した2枚組。シングル「秋風のモノクローム」(32位 1.1万枚)「Truth of Love」(48位 0.7万枚)「夏の記憶」(49位 0.7万枚)「蜃気楼」(52位 0.4万枚)「Melody」(23位 1.2万枚)がアルバム初収録。今作のために書き下ろされた新曲「gift」とその別バージョンが冒頭とラストにそれぞれ収録されている。今作発売後、11月~12月にラストライブを行い解散した。

全シングルが発売順に並んでいるという構成なので、今からFOVを聴いてみたいという人にとって最も分かりやすく手っ取り早いのが今作だろう。さらに「秋風のモノクローム」から「Melody」までの5シングルは今作にしか収録されていないので重要度も高い。まさしく決定盤と言える。ただ全体に渡ってどうしても提供曲が多くなってくるので、楽曲単体の魅力やビーイング作家の才能は伝わってもFIELD OF VIEWというバンド自体の魅力はイマイチ伝わりきらない一作なんじゃないかという気もする。さらにDISC-2後半は打ち込みサウンドを導入した実験的な曲もチラホラ現れ、シングルとはいえ中々マニアックなナンバーが並んでいたりする。まぁ大体のリスナーがDISC-1序盤~中盤のセールス全盛期の楽曲を目当てに聴くのだろうけど、個人的にヒット期だけ聴きたいならば『SINGLES COLLECTION+4』の方がスッキリ楽しめると思うのでオススメだ。時期や作家に拘らずとにかく全シングルを押さえたい!と思うならば今作を選ぶと良いだろう。

満足度★★★★☆