Good-bye My Loneliness
ZARD





01.Good-bye My Loneliness
02.愛は暗闇の中で
03.恋女の憂鬱
04.Oh!Sugar Baby
05.女でいたい
06.It's a Boy


1991年3月27日、最高34位
売上25.4万枚、登場45週
Produce:長戸大幸
b-gram


ZARDの1stアルバム『Good-bye My Loneliness』。2月10日にリリースされたデビューシングル「Good-bye My Loneliness」(9位 20.9万枚)とC/W「愛は暗闇の中で」を収録。坂井泉水死後の08年4月には「愛は暗闇の中で」が神木彩矢をゲストに迎えリアレンジされ「翼を広げて」との両A面でシングル化されている。

ややダークでハードな曲が多い。泉水さんのボーカルもまだ不安定で、歌い方が定まっていないという感じだ。現在聴くとこのサウンドにも時代を感じるけど楽曲自体は中々印象的なものも多い。特にラストの「It's a Boy」等は全盛期にも引けを取らない切なさ全開の名バラードでお薦め。初期ということでスルーされてしまいがちな今作だが(実際僕もZARDを聴き始めてから10年くらい経って手に取った…)何気に良曲が隠れてるので聴かないのは勿体無い。ちなみに「恋女の憂鬱」と「女でいたい」は川島だりあ作詞。ZARD楽曲で泉水さんが作詞していないのはこの2曲だけなのでは?

満足度★★★☆☆