止まっていた時計が今動き出した
ZARD





01.明日を夢見て(Album Mix Version)
02.時間の翼
03.もっと近くで君の横顔見ていたい
04.pray
05.出逢いそして別れ
06.止まっていた時計が今動き出した
07.瞳閉じて
08.さわやかな君の気持ち(Album Ver.)
09.愛であなたを救いましょう
10.天使のような笑顔で
11.悲しいほど 今日は雨でも


2004年1月28日、初登場2位
初動11.2万枚、売上21.2万枚、登場20週
Produce:坂井泉水
B-Gram RECORDS


ZARDの10thアルバム『止まっていた時計が今動き出した』。シングル「さわやかな君の気持ち(Album Ver.)」(4位 7.0万枚)「明日を夢見て(Album Mix Version)」(4位 6.2万枚)「瞳閉じて」(4位 4.4万枚)「もっと近くで君の横顔見ていたい」(8位 5.0万枚)収録。01年の『時間の翼』以来、3年ぶりという長いインターバルを経ての新作となった。「時間の翼」は前作表題曲のフルバージョンだがアレンジが大幅に変更されている。クイーンのベスト盤『クイーン ジュエルズ~ヴェリー・ベスト・オブ・クイーン~』(初動16.0万枚)に阻まれ最高順位は2位。

今作収録の最古シングルである「さわやかな君の気持ち」のキャッチコピーが「ZARD第2章スタート」だった事もあり、アルバム全体も『時間の翼』期の迷いを抜け新たなフィールドに立ったようなスッキリしたイメージがある。『時間の翼』でもその兆候は見えていたが今作ではバックサウンドが非常に軽い。これは当時のGIZA studioの主流だったサウンドでありZARDもその時流に方向性を合わせたという感じだったのだろう。僕がJ-POPを本格的に聴き始めたのが02年だったのでアルバムでは今作からがリアルタイムだったのだが当時からそこまで好きな一作でも無い。当時の僕は『ZARD BEST The Single Collection~軌跡~』『ZARD BEST~Request Memorial~』を中心に90年代のZARDを聴きまくり絶賛懐古中状態で、「昔の曲は最高だけど今の曲はイマイチ」という感覚を持ったまま今作を手にしたのも大きいだろう。収録シングルがどれも個人的にイマイチだった(「さわやかな君の気持ち」だけは後々好きになったが)というのもある。そのせいか現在聴いてもサウンドが薄味だなぁ~とか思ってしまいそこまでハマれない。新たなZARD像を打ち出したのは伝わるんだけどこれはこれでスッキリし過ぎ、おとなし過ぎという感じが…。ただそんな中でも往年のロックサウンドに近いものを感じる表題曲「止まっていた時計が今動き出した」は名曲だと思う。

満足度★★★☆☆