B album
KinKi Kids





01.スッピンGirl
02.仮病をつかおう
03.愛されるより 愛したい
04.MY WISH※光一自作ソロ
05.愛なんてコトバじゃ言えない
06.ずっと抱きしめたい
07.イノセント・ウォーズ
08.ボーダーライン
09.Message
10.Slowly※剛自作ソロ
11.このまま手をつないで
12.ジェットコースター・ロマンス
13.硝子の少年


1998年8月12日、初登場1位
初動52.5万枚、売上86.7万枚、登場11週
Produce:藤島メリー泰子、坂本龍一(7)、山下達郎(12・13)
ジャニーズ・エンタテインメント


KinKi Kidsの2ndアルバム『B album』。前作『A album』と同時発売だったシングル「硝子の少年」(1位 179.2万枚)の他、「愛されるより 愛したい」(1位 164.4万枚)「ジェットコースター・ロマンス」(1位 93.5万枚)を収録。直前の7月29日にリリースされていた「全部だきしめて/青の時代」は未収録(次回作『C album』に持ち越し)。タイトルの「B」には「Be a Best album」というニュアンスが込められているという。ミリオンは逃したものの、オリジナルアルバムでは前作に次ぐ2番ヒットとなった。

基本的には前作と同じくストレートなアイドルポップが展開される。1曲目を飾る爽快な「スッピンGirl」、胸キュンミディアム「愛なんてコトバじゃ言えない」、コンサートのアンコールでも披露される人気ナンバー「このまま手をつないで」等はどれも二人のまっすぐな歌声が光る良曲。さらに今作では以後数作で定番となる剛・光一それぞれの自作曲が初登場。当時フジテレビでやっていた音楽バラエティ『LOVE LOVE あいしてる』内で吉田拓郎やTHE ALFEE坂崎らから直接レッスンを受けていた彼らの音楽的成長がここから形となって現れ始めるわけだ。ただ自作である「MY WISH」「Slowly」どちらも他の提供曲と変わらない爽やかなナンバーであり、この時点ではまだ後に見られるようなそれぞれの音楽的カラーは出ていない。より深化して行く前の、彼らの音楽的黎明期が垣間見えるという点でも興味深い一作である。

満足度★★★★☆