Ballad Selection
KinKi Kids





01.愛のかたまり(M album Ver.)※光一・剛共作
02.むくのはね
03.雪白の月
04.青の時代
05.薄荷キャンディー
06.Anniversary
07.Family~ひとつになること※光一・剛共作
08.いのちの最後のひとしずく
09.Love is…~いつもそこに君がいたから~
10.もう君以外愛せない
11.to Heart
12.停電の夜には-On the night of a blackout-
13.銀色 暗号※光一・剛共作
14.White Avenue※通常盤のみ収録
15.道は手ずから夢の花(20th Anniversary Ver.)※通常盤のみ収録


2017年1月6日、初登場1位
初動12.3万枚、売上15.5万枚、登場8週
Produce:KinKi Kids
ジャニーズ・エンタテインメント


KinKi Kids初のバラードベストアルバム『Ballad Selection』。これまでのキャリアの中からバラードをセレクトして収録。初回盤はジュエリーBOX仕様で光一・剛本人の直筆メッセージ入り。通常盤はボーナストラックとして新曲「White Avenue」とこの時点での最新シングル「道は手ずから夢の花」の20周年バージョンが追加収録されている。

07年のファン投票+自選ベスト『39』とは15(13)曲中7曲(その内「愛のかたまり」はバージョン違い)が被っており、おまけにKinKiファンはバラードに魅力を感じている人が多いようであの時の投票上位4曲がモロに被っている。なので何となく既視感のある選曲である。更に紅白初出場で固定ファン以外の興味が湧きやすいこのタイミングなら外向けなオーソドックスベストの方が良いんじゃないかな?とか色々思う所がありあんまり期待してなかったんだけど、いざ聴いてみたらやはり名曲揃いだなぁ…と。「愛のかたまり(M album Ver.)」なんかは『M album』で聴いた時は埋もれてたんだけど今作でピックアップされた事で素晴らしい出来だと思えたし改めてメロディーの良さを感じられた。ファンが改めてKinKiバラードの魅力に浸れる一作でもあるし、重量級では無く1枚モノなので「青の時代」や「もう君以外愛せない」位しか知らない人でも結構聴きやすいんじゃないかと。初期の名曲「せつない恋に気づいて」や「FRIENDS」も入って良いような気はするが、やがて出す(かもしれない)通常ベストの方に温存しているのだろうか?

通常盤ボーナストラック
完全新曲「White Avenue」は派手さは無いもののKinKiバラードの旨味をしっかり入れ込んだ良曲。シングルA面という感じでは無くC/Wの名曲という雰囲気か。反対に「道は手ずから夢の花(20th Anniversary Ver.)」はオリジナルと打って変わって派手なアレンジにされている。壮大にはなったけどこの曲に関してはシングル時の落ち着いたアレンジの方が味わい深くて好きだった。

満足度★★★★☆

 初回盤  通常盤