SICKS
THE YELLOW MONKEY





01.RAINBOW MAN
02.I CAN BE SHIT, MAMA
03.楽園
04.TVのシンガー
05.紫の空
06.薬局へ行こうよ
07.天国旅行
08.創生児
09.HOTEL宇宙船
10.花吹雪
11.淡い心だって言ってたよ
12.見てないようで見てる
13.人生の終わり(FOR GRANDMOTHER)※終了後シークレットトラック収録


1997年1月22日、初登場1位
初動32.9万枚、売上63.3万枚、登場16週
Produce:吉井和哉
ファンハウス

2010年1月22日(COMPLETE SICKS)、初登場6位
初動1.3万枚、売上1.8万枚、登場5週
アリオラジャパン

2013年12月4日(リマスター・Blu-spec CD2)


THE YELLOW MONKEYの6thアルバム『SICKS』。シングル「楽園」(3位 46.4万枚)とC/W「見てないようで見てる」を収録。日本コロムビアのTRIADレーベルからファンハウスへ移籍してから初となるアルバム。タイトルは6枚目の「SIX」と「ロック」、更に病気の「SICK」を組み合わせた造語。今作制作にあたって作られた300曲の中から厳選に厳選を重ねた楽曲が収録されているという。ラスト曲「人生の終わり(FOR GRANDMOTHER)」の終了後にシークレットトラックとしてピアノとハミングで構成された楽曲が収録されている。オリジナルアルバムでは自身最大のヒット作となったが、直前に前のレコード会社からリリースされていた非公認ベスト『TRIAD YEARS actⅠ THE VERY BEST OF THE YELLOW MONKEY』の売上には及ばなかった。また2010年1月22日には吉井監修のもと、今作のリマスタリング盤に加えデモ音源が収録されたDISC-2、更にレコーディングドキュメントやインタビューを収録したDVDにスペシャル・ブックレットを付属した言わば完全盤ともいえる『COMPLETE SICKS』が完全生産限定でリリースされた。その後2013年12月4日の全アルバム一斉リマスターの際にはオリジナル盤が再発売されている。

オリジナルアルバム最大ヒットであり、04年のオールタイムベスト『MOTHER OF ALL THE BEST』に収録された曲も7曲と多く、更に吉井自身が最高傑作だと自負している等自他共に認めるイエモンの代表作かつ名盤という印象の一作。バンドとして波に乗っていた時期だけあってどの曲も気合が入りまくっており吉井の創作意欲や才能が冴えに冴え渡っていた事がうかがえる。ジャケットも暗く、前2作のポップさは影を潜め全体的に初期寄りのダークな雰囲気が見られるけど、ブレイクを経てバンドの底力が上がっているのかどの曲もどっしりした自信に満ちているように感じる。「天国旅行」や「花吹雪」、「人生の終わり(FOR GRANDMOTHER)」等はシングル以上にファン人気の高いナンバーでありどれも重厚なオーラを纏った名曲だ。イエモンの一つの到達点がここだったのだろうと思う。前述のようにベスト盤『MOTHER OF ALL THE BEST』には今作から7曲も選出されており後追いでは手が伸びにくいアルバムかもしれないが、この時期のイエモンが持っていた勢いはベスト盤以上にガツンと感じられると思うので是非一度は聴いてほしいオススメの一作である。

満足度★★★★★

 97年盤  2013年リマスター盤  COMPLETE SICKS(2010年)