伝えたい言葉~涙のおちる場所~
I WiSH





01.明日への扉
02.サマーブリーズにのって(Sweet Palau Mix)
03.さよならの雨
04.風になれっ!
05.ふたつ星
06.UTS-この世界の下で
07.December
08.FlowerⅡ
09.クラスメイト以上…
10.☆キラキラ☆
11.光が指す未来へ
12.I


2003年10月1日、初登場2位
初動13.8万枚、売上37.9万枚、登場26週
SME Records


I WiSHの1stアルバム『伝えたい言葉~涙の落ちる場所~』。シングル「明日への扉」(1位 77.4万枚)「ふたつ星」(6位 10.0万枚)に加えC/Wから「サマーブリーズにのって(Sweet Palau Mix)」を収録。「明日への扉」がフジテレビ系列『あいのり』主題歌としてデビュー曲ながら70万枚超えの大ヒットを飛ばし一躍時の人に。続く「ふたつ星」は10万枚と売上を落としたが、今作は初のアルバムという事で期待が高まっていたのか40万近いヒットとなった。アルバムでは自身最高売上。ケツメイシの『ケツノポリス3』(初動29.1万枚)に阻まれ最高順位は2位。ブックレットではaiの顔はややぼやけながらもしっかり写っているが、naoの顔は光に遮られて判別不能

2003年当時、「明日への扉」と「ふたつ星」のシングルはリアルタイムで買っており、カップリング含めてかなりの名曲を歌うユニットだなと思っていたのだがこのアルバムは何故かスルーしていた(「ふたつ星」から今作までの僅か一ヶ月ちょっとの間で急速にI WiSH熱が冷めてしまったのだろうか?当時の僕よ!)。なのでかなり後追いで今作はチェックしたんだけど、うーん…。全体的に悪くは無いんだけど、シングル2曲を超える曲は無いように思う。シングル2曲が大名曲過ぎて他が霞んでしまうってのもあるんだろうけど。ただシングルのカップリングに収録されていた曲たち(今作には「サマーブリーズにのって」以外未収録)は未だに良いと思えるので、やっぱリアルタイム補正があるか無いかも大きいのだろうか…。中学生時代にリアルタイムで今作を聴いていればもっと名曲揃いに思えたのかもしれないが、現在の感覚ではそこまで良くも悪くも無い普通の曲たちという印象だった。青春のキラキラ感みたいなのは伝わって来るけどもね。「ふたつ星」カップリングで当時好感触だった「サマーブリーズにのって」も何故か妙にまったりしたアレンジにされちゃっていて残念。これならシングル収録のバージョンのが良い。

満足度★★★☆☆