インディゴ地平線
スピッツ





01.花泥棒
02.初恋クレイジー
03.インディゴ地平線
04.渚
05.ハヤテ
06.ナナへの気持ち
07.虹を越えて
08.バニーガール
09.ほうき星
10.マフラーマン
11.夕陽が笑う、君も笑う
12.チェリー


1996年10月23日、初登場1位(2週連続)
初動67.5万枚、売上134.4万枚、登場29週
Produce:笹路正徳&スピッツ
ポリドール

2002年10月16日(リマスター盤)
ユニバーサル

2008年12月17日(SHM-CD)

2017年7月5日(LP)、初登場39位
売上1499枚


スピッツの7thアルバム『インディゴ地平線』。シングル「チェリー」(1位 161.3万枚)「渚」(1位 83.9万枚)に加えC/Wから「バニーガール」を収録。「渚」はシングル収録時には無かったイントロが追加されている。自己最高初動をマークし、前作に引き続きミリオン超えの大ヒットとなった。累計では『RECYCLE Greatest Hits of SPITZ』『ハチミツ』に次ぐ自身3番売上。またプロデューサー笹路正徳との最後のアルバムである。2002年10月16日に1st~8thアルバムがスティーヴン・マーカッセンによるリマスター盤として再発され、オリジナル盤は現在廃盤。08年12月17日にはリマスター盤をSHM-CDとして再発している。

秋の空気を思わせる、しっとり落ち着いた雰囲気のアルバム。前年の大ブレイクに浮かれる事なく、しっかり地に足をつけて活動していくぞという意気込みを感じる。地味なイメージもある作品だが、「初恋クレイジー」はシングル級の風格がある良曲だし、「ハヤテ」や「ナナへの気持ち」みたいな可愛らしい世界観の小品も豊富。タイトルチューン「インディゴ地平線」は突き抜けたサビでは無いものの、どっしりと構えた感じでアルバムを象徴するような名曲。やはり良メロの連発なので安心して聴ける一作だ。ただ前後作に比べると一曲一曲のキャラクターがやや薄めな気がしてしまうのは、やはり大名曲「チェリー」の放つ圧倒的なオーラのせいなのだろうか…。

満足度★★★★★

96年盤 02年リマスター盤 08年SHM-CD盤