一期一会 Sweets for my SPITZ
スピッツトリビュート





01.スピカ / 椎名林檎
02.ロビンソン / 羅針盤
03.楓 / 松任谷由実
04.青い車 / ゲントウキ
05.冷たい頬 / 中村一義
06.空も飛べるはず / ぱぱぼっくす
07.夢追い虫 / セロファン
08.田舎の生活 / LOST IN TIME
09.うめぼし / 奥田民生
10.猫になりたい / つじあやの
11.チェリー / POLYSICS
12.Y / GOING UNDER GROUND
13.夏の魔物 / 小島麻由美


2002年10月17日、初登場2位
初動6.5万枚、売上18.2万枚、登場15週
Dreamusic


スピッツのトリビュートアルバム『一期一会 Sweets for my SPITZ』。スピッツの楽曲を様々なアーティストがカバーしたアルバム。トリビュートアルバムではあるものの「トリビュート」のタームは敢えて使われていない。ドリーミュージックのレーベル「Teenage Symphony」のコンピレーションアルバム第2弾としてリリースされた為、スピッツの所属しているユニバーサルからの発売では無い。初回盤には今作のアナログ盤が当たる応募券が封入されていた。矢井田瞳の3rd『i/flancy』の2週目(6.7万枚)に僅差で及ばず最高順位は2位。2015年には今作とは関連の無い新たな体裁のスピッツトリビュートアルバム『JUST LIKE HONEY~『ハチミツ』20th Anniversary Tribute~』が出ている。

参加アーティストは大御所から若手バンドまで幅広い。それぞれ自由にカバーしており「青い車」や「夢追い虫」は歌い回しやそれこそコードまで変えてるんじゃねぇか!?って位に印象が異なるし「チェリー」に至ってはよく分からんミクスチャーロックみたいに変貌している。故に初めて聴いた当時(02年)は「これは駄目だろ…」とのけぞったんだけど改めて聴いてみるとこの改変が割と面白いなと思えるようにはなった。ただアレンジの妙とか抜きにして純粋に良いなと感じるのは「スピカ」「楓」「空も飛べるはず」「猫になりたい」「夏の魔物」辺りでどれも女性歌手がカバーしたものばかり。スピッツの曲はキーが高いし可愛らしい感じのものも多い(ファンとしてはそれだけでは無いと言いたい所だが)ので女性がカバーした方がしっくり来るように思う。男性では草野に敵わない。いっそ女性歌手限定でのスピッツトリビュートを聴いてみたい。

満足度★★★☆☆