himawari
Mr.Children





01.himawari
02.メインストリートに行こう(Hall Tour 2017 ヒカリノアトリエ)
03.PIANO MAN(Hall Tour 2017 ヒカリノアトリエ)
04.跳べ(Hall Tour 2017 ヒカリノアトリエ)
05.終わりなき旅(2017.4.23 YOKOHAMA)
06.忙しい僕ら
07.無音※Secret Track
08.ファスナー※Secret Track

2017年7月26日、初登場1位
初動12.1万枚、売上16.3万枚、登場16週
トイズファクトリー


Mr.Childrenの37thシングル。
初回限定盤には「Documentary of himawari」「君がいた夏(25th Anniversary Day-2017.5.10 NAGOYA-)」を収録したDVD付属。

「himawari」
東宝系映画『君の膵臓をたべたい』主題歌。力強いロックバラード。映画の内容に合わせたのか重い空気もあるが、メロディーがキャッチーなのもあってそこまで重苦し過ぎにもなならず絶妙な塩梅。ストリングスを適度に交えつつガツンとエレキギターも利いていて、セルフプロデュースだからこその旨味がついにシングル曲で実現した!という感動が凄い。いつ出るか分からないけど次のアルバムがかなり楽しみだ。〈思いを飲み込む美学と 自分を言いくるめて 実際は面倒臭いことから逃げるようにして 邪(よこしま)にただ生きている〉というフレーズが響いた。
満足度★★★★★

「メインストリートに行こう(Hall Tour 2017 ヒカリノアトリエ)」
3rdアルバム『Versus』収録曲のライブ音源。初期っぽく固い感じの演奏だった原曲と比べてややマイルドな雰囲気になっている。90年代後半~00年代のミスチルでは似合わなかった陽気さだが現在のミスチルなら一周まわって違和感なく聴ける。
満足度★★★☆☆

「PIANO MAN(Hall Tour 2017 ヒカリノアトリエ)」
13thアルバム『HOME』収録曲のライブ音源。「メインストリートに行こう」に続いてかなりのマニアック選曲。こちらはまぁ普通のライブ音源って感じかな…。
満足度★★★☆☆

「跳べ(Hall Tour 2017 ヒカリノアトリエ)」
12thアルバム『I❤U』収録曲のライブ音源。三連続でファンしか知らないアルバム曲を選曲してくるとは…。今更シングルCDを手に取るのは完全にある程度ミスチルを好きな人しか居ないというのを見越しての選曲なのだろうか。原曲にあった〈離陸せよ 離陸せよ〉のコーラス(?)が無くなっているのが気になったポイントかな。原曲の方がパワーがあった気がするなぁやっぱり。
満足度★★★☆☆

「終わりなき旅(2017.4.23 YOKOHAMA)」
15thシングル表題曲。現時点で自身最後のミリオンヒットシングルであり、ここまでの3曲に比べて飛躍的に知名度も人気も高い代表曲。楽曲自体は文句なしの名曲であるが、年齢を重ねたせいか流石に高音部分がかなり苦しそうに聞こえてしまうのがちょっと…(特に転調に転調を重ねたラストサビの〈もっと 大きなはずの~♪〉の箇所が厳しそう)。
満足度★★★☆☆

「忙しい僕ら」
唯一の新曲C/W。2015年秋のZeppツーマンライブで披露されていたらしい。編曲は世武裕子。バンドでもコバタケでも無い外部アレンジャーの単独クレジットは「忘れ得ぬ人」(アルバム『REFLECTION』収録)の森俊之以来。コバタケ時代末期を思わせるピアノストリングスバラード。決して悪くは無いけどもうちょっとガツンとした新曲を欲してしまう。
満足度★★★☆☆

「無音」
シークレットトラック1。前作「ヒカリノアトリエ」にもあった25秒間の無音トラック。

「ファスナー」
シークレットトラック2。10thアルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』収録曲。2017年5月6日にさいたまスーパーアリーナで行われたスガシカオ主催の『スガシカオ 20th Anniversary スガフェス!~20年に一度のミラクルフェス~』でのライブ音源。元々スガシカオを意識して書いた曲という経緯故のコラボのようだ。原曲はそこまで好きでもなかったが今回「これ結構良い曲だったんだな」と気付かされた。
満足度★★★☆☆

初回盤DVD付 通常盤