PRISMIC
YUKI





01.眠り姫
02.the end of shite
03.66db
04.サヨナラダンス
05.惑星に乗れ
06.Rainbow st.
07.I U Mee Him
08.忘れる唄
09.愛に生きて
10.プリズム
11.ふるえて眠れ
12.呪い

2002年3月27日、初登場3位
初動17.5万枚、売上29.8万枚、登場8週
エピックレコードジャパン


YUKIの1stアルバム『PRISMIC』。2001年3月8日にJUDY AND MARYを解散。その後ガールズバンド・Mean Machine(YUKIはドラマーとして参加していたようだ)を経て、2002年2月に1stシングル「the end of shite」をリリース本格的なソロ活動を開始。今作にはシングル「the end of shite」(6位 12.5万枚)「プリズム」(11位 8.7万枚)を収録。6月に「66db」(30位 0.9万枚)がリカットされた。

日暮愛葉が作詞作曲編曲を手掛けたソロデビューシングル「the end of shite」こそJUDY AND MARYを彷彿とさせるパンキッシュなナンバーだったが、直後の2ndシングル「プリズム」は清らかな空気溢れるバラードポップス。更にシングルカットされた「66db」はロックともポップとも形容し難い複雑な一曲。この様にシングル3曲とも方向性がバラバラなので、まだこの時点ではYUKIソロをどういうスタイルでやっていこうか模索していた段階だったと思われる。アルバム全体もどこか目線が定まっていないような、何でもありのごっちゃ混ぜという雰囲気でソロ活動への不安感みたいなものが滲み出ているように思う。現在の感覚で聴くとこれもYUKIらしいと思えるけど、ジュディマリ解散直後の当時は「異常に地味になったな…」と感じた人が多かったかもしれない。ただ個人的に地味なイメージだった「プリズム」が今作の流れで聴くと非常に染みてきて、やっぱり風格を持っている曲なんだなと気付かされたのが収穫だった。

満足度★★★☆☆