Mr.Children

here comes my love
Mr.Children


01.here comes my love

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

himawari
Mr.Children





01.himawari
02.メインストリートに行こう(Hall Tour 2017 ヒカリノアトリエ)
03.PIANO MAN(Hall Tour 2017 ヒカリノアトリエ)
04.跳べ(Hall Tour 2017 ヒカリノアトリエ)
05.終わりなき旅(2017.4.23 YOKOHAMA)
06.忙しい僕ら
07.無音※Secret Track
08.ファスナー※Secret Track

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ヒカリノアトリエ
Mr.Children





01.ヒカリノアトリエ
02.つよがり(Studio Live)
03.くるみ(Studio Live)
04.CANDY(Studio Live)
05.ランニングハイ(虹 Tour 2016.11.7 FUKUI)
06.PADDLE(虹 Tour 2016.10.14 KUMAMOTO)
07.I LOVE CD Shops!※Secret Track
08.Over※Secret Track

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年に小林武史の元を離れセルフプロデュースへと移行(ただ小林との関係が途切れた訳では無くキーボード参加などが見られる曲もある)したというのがこの時期の最大トピックとなる。また音楽の聴き方が多様化していった時代背景故かシングル発売は激減。配信限定曲の割合が増えていき、2015年にはUSBアルバムという耳慣れない形態で18thアルバムをリリース。デビュー20年を超えてもまだまだ貪欲に進んでいった2010年代前半のミスチルをレビューしよう。


↓過去のレビューはこちらですのでクリック!
Mr.Children シングル&名曲レビュー その1 ~1992-1995~

Mr.Children シングル&名曲レビュー その2 ~1996-2000~

Mr.Children シングル&名曲レビュー その3 ~2001-2005~

Mr.Children シングル&名曲レビュー その4 ~2006-2010~


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ミリオンセラーが当たり前では無くなった2000年代後半において、オリジナルアルバムでミリオンを記録し続けていたミスチルは依然文句なしにJ-POP界のトップとして走り続けた。同時にプロデューサー・小林武史(通称コバタケ)のオーバープロデュース(ピアノやストリングスが過剰になり本来のバンドの音を侵食しているというクレーム)がファンから指摘され始めたのもこの時期。往年のファンからするとコバタケがまるで第5のメンバーかの如くライブやアレンジに介入してくるのは疑問だったのだろう。僕としてはこの頃まではまだそこまでの危機感を覚えてはいなかったのだが…。

↓過去のレビューはこちらです。
Mr.Children シングル&名曲レビュー その1 ~1992-1995~

Mr.Children シングル&名曲レビュー その2 ~1996-2000~

Mr.Children シングル&名曲レビュー その3 ~2001-2005~


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ベスト盤後は王道ポップス路線に回帰し、長らく尾を引いていた深海の影を払拭し高らかに深海脱出を宣言。同時にアルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』でミリオンを記録。この時期一気に押し寄せてきたCD不況の波を物ともせず00年のアルバムよりも売上を向上させるという離れ業を見せ、J-POP界のトップへと返り咲いた。また僕がJ-POP及びミスチルへ関心を持ち始めたのが丁度この時期であり「HERO」以降新品購入するようになった為、リアルタイムでの思い入れというのが強いのはこの時期からである。

↓過去のレビューはこちらです
Mr.Children シングル&名曲レビュー 1992-1995
Mr.Children シングル&名曲レビュー 1996-2000

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

「ミスチル現象」なんて呼ばれる程の大ブレイクを果たした一方で桜井の精神状態はダークな方向へ向かい、ついに衝撃の問題作『深海』を発表するに至り97年春には無期限活動休止を宣言。その後98年秋に復活を果たしベスト盤へ向かうまでの5年間を振り返ろう。この時期はキャリア中最も難解でロック色が強かった。

デビューから95年までのレビューは
Mr.Children シングル&名曲レビュー 1992-1995
↑コチラですのでクリック!


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

わたくしマーが生涯で最もハマったバンドと言えるMr.Children。メンバーは桜井和寿(ボーカル・ギター)、田原健一(ギター)、中川敬輔(ベース)、鈴木英哉(ドラム)の4人。今や国民的とも呼ばれる彼らの楽曲を紹介していこう。デビュー期は屈託のないポップなラブソングを歌う好青年バンドだったが、93年暮れ~94年のブレイク期になるとやや難解な世界観が姿を見せ始める。

※2013年にこのブログで一挙レビューを書いたものの感想が古くなってきたので改めて現在の感覚で書き直して行こうと思う。今回はじわじわ追記型でのんびりやっていくのでどうかお付き合い下さい。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

REFLECTION{Drip}
Mr.Children





01.未完
02.FIGHT CLUB
03.斜陽
04.Melody
05.蜘蛛の糸
06.Starting Over
07.忘れ得ぬ人
08.Reflection
09.fantasy
10.REM
11.WALTZ
12.進化論
13.幻聴
14.足音~Be Strong


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

REFLECTION{Naked}
Mr.Childen





01.fantasy
02.FIGHT CLUB
03.斜陽
04.Melody
05.蜘蛛の糸
06.I Can Make It
07.ROLLIN' ROLLING~一見は百聞に如かず
08.放たれる
09.街の風景
10.運命
11.足音~Be Strong
12.忘れ得ぬ人
13.You make me happy
14.Jewelry
15.REM
16.WALTZ
17.進化論
18.幻聴
19.Reflection
20.遠くへと
21.I wanna be there
22.Starting Over
23.未完

『REFLECTION{Drip}(初回盤)』


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ