Doors~勇気の軌跡~



01.Doors~勇気の軌跡~
初回限定盤2、通常盤のみ
02.NOW or NEVER
通常盤のみ
03.Perfect Night
04.BORDER

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

つなぐ






01.つなぐ
以下、通常盤のみ収録
02.Reach for the sky~天までとどけ~
03.抱きしめたい
04.Under the radar

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

I'll be there






01.I'll be there
以下通常盤のみ
02.unknown
03.Treasure of life

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ここでは嵐のアルバム感想を載せていきます。


『ARASHI NO.1 ~嵐は嵐を呼ぶ~』
(2001年1月24日 最高1位 初動26.7万枚 売上32.3万枚 登場5週)

【Introduction ~STORM~/A・RA・SHI/DANGAN-LINER/SUNRISE日本/サワレナイ/感謝カンゲキ雨嵐/愛と勇気とチェリーパイ/Deepな冒険/helpless/On Sunday/野性を知りたい/アレルギー/ココロチラリ/台風ジェネレーション -Typhoon Generation-】

1stアルバム『ARASHI NO.1~嵐は嵐を呼ぶ~』。99年末のデビューから1年ちょっと経ってのアルバムリリースとなった。シングル「A・RA・SHI」(1位 97.3万枚)「SUNRISE日本」(1位 40.6万枚)「台風ジェネレーション -Typhoon Generation-」(3位 36.1万枚)「感謝カンゲキ雨嵐」(2位 36.2万枚)収録。「SUNRISE日本」と両A面だった「HORIZON」は未収録。2位のLOVE PSYCHEDELICO『THE GREATEST HITS』に約1万枚差で勝ち辛うじて1位を獲得したもののシングルに比べると売上は振るわなかった。ポニーキャニオン在籍時の唯一のアルバムであり、次回作からJ Stormへ移籍するため今作は現在廃盤となっている(その為かネット等で価格が超高騰している)。

当時母親がファンだった為、初期オリジナルでは今作のみリアルタイムで聴いている。とはいえ当時はシングルばかりリピートしていてアルバム曲に耳を伸ばした(?)のはここ最近の事である。こうして改めて聴くと「サワレナイ」「Deepな冒険」「ココロチラリ」等アルバム曲にも光るナンバーが揃っており全体的にも中々聴きごたえのある一作だ。特に「ココロチラリ」はサビが二段階あるような豪華な構成に加え櫻井翔によるラップ(まだまだアイドルラップという感じ)も登場する等、初期嵐の魅力がふんだんに詰まった快作。この曲を聴く為にだけでも今作を手に取る価値はあると思う。この時期は全体的に90年代SMAPのような印象(実際作家陣も同じ)もあり、王道ジャニーズポップが好きならば聴いて損は無い一作だ。

あと当時から思ってるんだけど売上が妙に不振じゃないか?一応「A・RA・SHI」はミリオン目前まで行った大ヒット曲だし、自身初のアルバムという事でもっと購買意欲がそそられても良いような気がするのに、ここまでリリースしていたCDの中で最低売上って…。デビュー時の鮮烈な勢いのまま売るには既に時間が経ち過ぎていたんだろうし、かと言って待ちに待った1stアルバム!っていう程には待っていないという微妙なタイミングだったのかもしれない。

満足度★★★★☆



―――――――――――――――――――――――――

『嵐 Single Collection 1999-2001』
(2002年5月16日 最高4位 初動10.6万枚 売上15.6万枚 登場27週)

【A・RA・SHI/明日に向かって/SUNRISE日本/HORIZON/台風ジェネレーション -Typhoon Generation-/明日に向かって吠えろ/感謝カンゲキ雨嵐/OK! ALL! RIGHT! いい恋をしよう/君のために僕がいる/はなさない!/時代/恋はブレッキー】

初のベストアルバム『嵐 Single Collection 1999-2001』。J Storm移籍後初のアルバムとなった。ポニーキャニオン在籍時代のシングル(「A・RA・SHI」から「時代」まで)のA面曲とカップリングをリリース順に収録。シングルA面では「HORIZON」(「SUNRISE日本」と両A面 1位 40.6万枚)「君のために僕がいる」(1位 32.3万枚)「時代」(1位 38.4万枚)がアルバム初収録。当時既にJ Stormから「a Day in Our Life」「ナイスな心意気」がリリースされていたがそれらは未収録となっている。2009年に『All the BEST! 1999-2009』が出るまではシングルA面でも前述の「HORIZON」「君のために僕がいる」「時代」は今作でしか聴けなかった。現在ではカップリング5曲にその価値を残す

移籍に伴う早すぎたベスト盤として現在では用済みかと思いきや、ここに収録されているカップリング5曲は未だにこのアルバムでしか聴けないので意外と侮れない一作。A面程の派手さは無いもののやはり王道でハツラツとしたジャニーズポップが揃っているのでどの曲も耳に残るし聴いていて心地良い。難点はブックレットがだいぶ簡素な作りになっている所か(アーティスト写真ナシ、無機質な歌詞羅列etc)…。

満足度★★★☆☆



―――――――――――――――――――――――――

『HERE WE GO!』
(2002年7月17日 最高2位 初動11.0万枚 売上14.8万枚 登場6週)

【Theme of ARASHI/Easy Crazy Break Down/君は少しも悪くない/Tokyo Lovers Tune Night/a Day in Our Life/ALL or NOTHING Ver.1.02/眠らないカラダ/君はいないから/IROあせないで/愛してると言えない/星のFreeWay/いま愛を語ろう/WOW!!/ナイスな心意気】

2ndアルバム『HERE WE GO!』。シングル「a Day in Our Life」(1位 37.8万枚)「ナイスな心意気」(1位 24.9万枚)収録。J Storm移籍後初のオリジナルアルバム。今作から櫻井翔がラップ詞を手掛けるようになった。初回生産限定盤はキャンペーン応募券封入で、通常盤はブックレット付き。元ちとせ『ハイヌミカゼ』の2週目(12.8万枚)に僅差で敗れ最高順位は2位だった。

今作より櫻井がラップ詞を書くようになったと同時にラップ自体が本格化。サクラップの誕生となった。それに伴い楽曲も前作のようなアイドルポップから一転してクールで硬派なものが多くなり、特にアルバム前半は結構マニアックな空気が広がる。後半に行くにつれてメロウな曲も登場するものの、全体的にとっつきにくいという印象の残るアルバムだった。シングルの中ではそんなに印象の強くなかった「ナイスな心意気」でさえこの中で聴くと「やはりシングルは格が違うな…」となってしまったし。ただサクラップ躍進の一作という重要トピックはある。

満足度★★★☆☆

 限定盤  通常盤

―――――――――――――――――――――――――

『How's it going?』
(2003年7月9日 最高2位 初動8.2万枚 売上11.5万枚 登場11週)

【とまどいながら(album version)/Crazy groundの王様/Lucky Man/身長差のない恋人/ONLY LOVE/嵐のまえの静けさ/Blue/Walking in the rain/パレット/できるだけ/テ・アゲロ/15th Moon/どんな言葉で/PIKA☆NCHI(album version)】

3rdアルバム『How's it going?』。シングル「PIKA☆NCHI(album version)」(1位 18.8万枚)「とまどいながら(album version)」(2位 17.6万枚)収録。「とまどいながら」は曲の冒頭に新たなイントロが1分追加されている。初回生産限定盤はスペシャルブックレット付属で、通常盤とはジャケットが異なる。倉木麻衣の『If I Believe』(初動25.1万枚)に敗れ最高順位は2位。現状、嵐で最も売上枚数の少ないアルバムが今作である。

前作よりも全体的にやや明るめになったかな?という感じがする。後のベスト盤『5×5 THE BEST SELECTION OF 2002←2004』にも収録されたピアノバラード「Blue」や、良メロポップス「パレット」等アルバム曲にも光るものが出てきた。サクラップは更に開花し、シングル明けの冒頭2曲でその魅力を遺憾なく発揮している。特に「Lucky Man」の冒頭では大暴れしており中でも〈呼ばれて 飛び出て ジャジャジャジャーン!!!〉にはひっくり返ったが、近年減少傾向のサクラップに飢えている人にはオススメできる一曲である。

満足度★★★☆☆

 初回盤 How's It Going? (通常盤)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ