カテゴリー

【アルバム感想】『ARASHI NO.1~嵐は嵐を呼ぶ~』嵐

ARASHI NO.1~嵐は嵐を呼ぶ~

ARASHI NO.1-嵐は嵐を呼ぶ-

収録曲

01.Introduction~STORM~
(作曲・編曲:鈴木雅也)
02.A・RA・SHI
(作詞:J&T、作曲・編曲:馬飼野康二)
03.DANGAN-LINER
(作詞:TAKESHI、作曲:谷本新、編曲:CHOKKAKU)
04.SUNRISE日本
(作詞:F&T、作曲:馬飼野康二、編曲:CHOKKAKU)
05.サワレナイ
(作詞:戸沢暢美、作曲・編曲:庄野賢一)
06.感謝カンゲキ雨嵐
(作詞:戸沢暢美、作曲:馬飼野康二、編曲:CHOKKAKU)
07.愛と勇気とチェリーパイ
(作詞:戸沢暢美、作曲・編曲:岩田雅之)
08.Deepな冒険
(作詞:戸沢暢美、作曲:飯田建彦、編曲:CHOKKAKU)
09.helpless
(作詞:椎名祐生、作曲:ZAKI、編曲:岩田雅之)
10.On Sunday
(作詞:戸沢暢美、作曲:守山茂樹、編曲:宗像仁志)
11.野性を知りたい
(作詞:久保田洋司、作曲・編曲:ZAKI)
12.アレルギー
(作詞:TAKESHI、作曲・編曲:岩田雅之)
13.ココロチラリ
(作詞:TAKESHI、作曲・編曲:原一博)
14.台風ジェネレーション-Typhoon Generation-
(作詞:久保田洋司、作曲:馬飼野康二、編曲:大坪直樹)

データ

2001年1月24日、初登場1位
初動26.7万枚、売上32.3万枚、登場5週
ポニーキャニオン

作品概要

嵐の1stアルバム『ARASHI NO.1~嵐は嵐を呼ぶ~』。1999年末のデビューから1年ちょっと経ってのアルバムリリースとなった。シングル「A・RA・SHI」(1位 97.3万枚)「SUNRISE日本」(1位 40.6万枚)「台風ジェネレーション-Typhoon Generation-」(3位 36.1万枚)「感謝カンゲキ雨嵐」(2位 36.2万枚)収録。「SUNRISE日本」と両A面だった「HORIZON」は未収録。2位のLOVE PSYCHEDELICO『THE GREATEST HITS』に約1万枚差で勝ち辛うじて1位を獲得したもののシングルに比べると売上は振るわなかった。ポニーキャニオン在籍時の唯一のアルバムであり、次回作からJ Stormへ移籍するため今作は現在廃盤となっている(その為かネット等で価格が超高騰している)。

感想

当時母親がファンだった為、初期オリジナルでは今作のみリアルタイムで聴いている。とはいえ当時はシングルばかりリピートしていてアルバム曲に耳を伸ばした(?)のはここ最近の事である。こうして改めて聴くと「サワレナイ」「Deepな冒険」「ココロチラリ」等アルバム曲にも光るナンバーが揃っており全体的にも中々聴きごたえのある一作だ。特に「ココロチラリ」はサビが二段階あるような豪華な構成に加え櫻井翔によるラップ(まだまだアイドルラップという感じ)も登場する等、初期嵐の魅力がふんだんに詰まった快作。この曲を聴く為にだけでも今作を手に取る価値はあると思う。この時期は全体的に90年代SMAPのような印象(実際作家陣も同じ)もあり、王道ジャニーズポップが好きならば聴いて損は無い一作だ。

あと当時から思ってるんだけど売上が妙に不振じゃないか?一応「A・RA・SHI」はミリオン目前まで行った大ヒット曲だし、自身初のアルバムという事でもっと購買意欲がそそられても良いような気がするのに、ここまでリリースしていたCDの中で最低売上って…。デビュー時の鮮烈な勢いのまま売るには既に時間が経ち過ぎていたんだろうし、かと言って待ちに待った1stアルバム!っていう程には待っていないという微妙なタイミングだったのかもしれない。

おすすめ度★★★★☆

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク