カテゴリー

【アルバム感想】『HEART OF STONE』T-BOLAN

HEART OF STONE
T-BOLAN

HEART OF STONE

収録曲

01.びしょ濡れの優しさの中
(作詞・作曲:森友嵐士、編曲:T-BOLAN・明石昌夫)
02.すれ違いの純情
(作詞:森友嵐士、作曲:織田哲郎、編曲:T-BOLAN・葉山たけし)
03.涙の笑顔
(作詞・作曲:森友嵐士、編曲:T-BOLAN・葉山たけし)
04.Only Lonely Crazy Heart
(作詞:森友嵐士、作曲:青木和義、編曲:T-BOLAN・明石昌夫)
05.Shiny Days
(作詞・作曲:森友嵐士、編曲:T-BOLAN・葉山たけし)
06.Out of Time
(作詞・作曲:森友嵐士、編曲:T-BOLAN・明石昌夫)
07.おさえきれない この気持ち
(作詞・作曲:森友嵐士、編曲:T-BOLAN・明石昌夫)
08.泥だらけのエピローグ
(作詞・作曲:森友嵐士、編曲:T-BOLAN・明石昌夫)
09.Friends
(作詞・作曲:森友嵐士、編曲:T-BOLAN・葉山たけし)
10.Heart of Stone
(作詞・作曲:森友嵐士、編曲:T-BOLAN・葉山たけし)
11.Bye For Now
(作詞・作曲:森友嵐士、編曲:T-BOLAN・明石昌夫)

データ

1993年5月26日、初登場1位(3週連続)
初動38.5万枚、売上86.6万枚、登場18週
Produce:長戸大幸・森友嵐士
ZAIN RECORDS

作品概要

T-BOLANの4thアルバム『HEART OF STONE』。シングル「Bye For Now」(2位 118.3万枚)「おさえきれない この気持ち」(1位 82.6万枚)「すれ違いの純情」(2位 74.3万枚)収録。「Shiny Days」には大黒摩季が、「Heart of Stone」には近藤房之助・坪倉唯子・川島だりあ・宇徳敬子・大田紳一郎らがコーラスとして参加している。

前作『SO BAD』以降、「Bye For Now」が自身初のミリオンセラー、更に「おさえられない この気持ち」で初のチャート1位を獲得するなど躍進を果たし満を持してリリースされた今作は3週連続1位を獲得。ただ売上の方は累計86万枚とミリオンには届かず、前作すら下回ってしまった(93年度年間アルバムチャートでは9位にランクイン)。結果的にオリジナルアルバムでのチャート1位獲得は今作が唯一となる。

感想

今作がリリースされた1993年はアルバムチャート年間1・2位をZARD『揺れる想い』・WANDS『時の扉』が占め、シングルでは3月から7月末までビーイング歌手が18週連続で1位を獲得。新人ではDEEN・BAAD・REV・ZYYGがデビュー。そんな風にビーイングが音楽シーンを席巻していた時期に出された今作はまさにT-BOLAN王道の1枚。シングル3曲は言わずもがなの名曲だし、1曲目「びしょ濡れの優しさの中」もキャッチーかつスピーディーな良曲。表題曲「Heart of Stone」もT-BOLANらしい無骨な曲でアルバム全体を締めてくれている。オリジナルアルバムの中で最初に聴く1作としてオススメである。

しかし最大ヒット曲「Bye For Now」(知名度では「離したくはない」に及んでいない気もするが…)も入っているし発売タイミングもバッチリだったのに、なぜ80万枚台で終わってしまったのか地味に謎だ。余裕でミリオン突破できる位の環境は整っていたと思うのだが…。

おすすめ度★★★★☆

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク