カテゴリー

【アルバム感想】『夏の終わりにⅡ~Lookin’ for the eighth color of the rainbow~』T-BOLAN

夏の終わりにⅡ~Lookin’ for the eighth color of the rainbow~
T-BOLAN

収録曲

01.悲しみが痛いよ~Acoustic version~
(作詞・作曲:川島だりあ、編曲:T-BOLAN・葉山たけし)
02.泥だらけのエピローグ~Acoustic version~
(作詞・作曲:森友嵐士、編曲:T-BOLAN・葉山たけし)
03.Lookin’ for the eighth color of the rainbow~8番目の虹の色をさがしに~
(作詞・作曲:森友嵐士、編曲:T-BOLAN・葉山たけし)
04.すれ違いの純情~Acoustic version~
(作詞:森友嵐士、作曲:織田哲郎、編曲:T-BOLAN・葉山たけし)
04.シャイなJealousy~Acoustic version~
(作詞・作曲:森友嵐士、編曲:T-BOLAN・葉山たけし)
05.マリア~Acoustic version~
(作詞・作曲:森友嵐士、編曲:T-BOLAN・葉山たけし)

データ

1994年8月6日、初登場4位
初動6.5万枚、売上34.1万枚、登場16週
Produce:T-BOLAN
ZAIN RECORDS

作品概要

T-BOLANの2ndアコースティックミニアルバム『夏の終わりにⅡ~Lookin’ for the eighth color of the rainbow~』。アルバムとしては『LOOZ』から8ヶ月ぶり。

1992年の『夏の終わりに~Acoustic Version~』に続く企画盤第2弾で、既存曲をアコースティック・アレンジにリメイクしている。更に新曲として「Lookin’ for the eighth color of the rainbow~8番目の虹の色をさがしに~」「マリア~Acoustic version~」が収録されており、このうち「マリア」は1か月後にアップテンポにリアレンジしたバージョンでシングルカットされた。

翌95年にボーカル・森友嵐士が心因性発声障害(この時点では原因不明で、99年に病名が判明したらしい)を発症し活動休止状態に。96年にベストアルバム『SINGLES』『BALLADS』が相次いでリリースされ、リミックス展開等を経て99年に解散となったため、メンバーが制作した新作アルバムとしては今作がラストとなった。

活動再開後の2017年8月には『夏の終わりに~Acoustic Version~』と今作の2作を軸としてメンバーが選曲したコンセプトベストアルバム『T-BOLAN~夏の終わりにBEST~LOVE SONGS+1 & LIFE SONGS』がリリースされた。

感想

アコースティック・リアレンジアルバム第2弾。弾き語りのみという訳ではなくドラムも入っているので大人し過ぎる事も無く程よい塩梅で楽しめる。前回もそうだったけどモロに90年代的ビーイングサウンドだった原曲と比べて純粋にメロディーが映えて聴こえるため、普遍的な良さを感じられる仕様となっている。T-BOLANがいかに素晴らしいメロディーメイカーだったのかという事が伝わるアルバムである。現在では前作と今作全ての楽曲が収録されている上位互換ベスト『T-BOLAN~夏の終わりにBEST~LOVE SONGS+1 & LIFE SONGS』が存在するのでそちらを聴いても良いんだけど、5曲という聴きやすさもあるし1曲1曲が残るので僕としては今作から是非聞いてもらいたい(中古屋なら200円以内で転がっていると思うので…)

おすすめ度★★★★☆

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク