【アルバム感想】『小松未歩 2nd ~未来~』小松未歩

スポンサーリンク
カテゴリー

小松未歩 2nd ~未来~
小松未歩

収録曲

01.未来
(作詞・作曲:小松未歩、編曲:古井弘人)
02.anybody’s game
(作詞・作曲:小松未歩、編曲:古井弘人)
03.チャンス
(作詞・作曲:小松未歩、編曲:古井弘人)
04.氷の上に立つように
(作詞・作曲:小松未歩、編曲:古井弘人)
05.手ごたえのない愛※セルフカバー(DEEN)
(作詞・作曲:小松未歩、編曲:古井弘人)
06.あなたのリズム
(作詞・作曲:小松未歩、編曲:古井弘人)
07.1万メートルの景色
(作詞・作曲:小松未歩、編曲:古井弘人)
08.涙
(作詞・作曲:小松未歩、編曲:古井弘人)
09.静けさの後
(作詞・作曲:小松未歩、編曲:古井弘人)
10.願い事ひとつだけ
(作詞・作曲:小松未歩、編曲:古井弘人)
11.Deep Emotion
(作詞・作曲:小松未歩、編曲:古井弘人)

データ

1998年12月19日、初登場3位
初動20.2万枚、売上60.1万枚、登場12週
Produce:ROCKAKU
Amemura O-town Record

作品概要

小松未歩の2ndアルバム『小松未歩 2nd ~未来~』。前作『』から1年ぶり。

シングル「願い事ひとつだけ」(最高8位 29.5万枚)「anybody’s game」(最高9位 9.9万枚)「チャンス」(最高3位 14.1万枚)「氷の上に立つように」(最高5位 16.2万枚)に加えカップリングから「1万メートルの景色」を収録。また「手ごたえのない愛」はDEENへ歌詞提供した楽曲のセルフカバー。「1万メートルの景色」は日本テレビ系『鳥人間コンテスト』98年度テーマソングだった。

表記は無いものの「anybody’s game」はミックス変更が施され、「氷の上に立つように」はイントロがアコースティックギターで始まる等シングル時とは異なる手入れが加えられている。

SPEEDの『MOMENT』(初動125.4万枚)、globeの『Relation』(31.4万枚)に次いで週間チャート初登場3位を記録。これはシングル「チャンス」と並んで自身最高順位となる。また累計売上は60万枚に到達し、小松未歩の全作品の中で最大のヒット作となった。

感想

「願い事ひとつだけ」「氷の上に立つように」がどちらも日本テレビ系アニメ『名探偵コナン』主題歌、「チャンス」がフジテレビ系『めざましテレビ』テーマソングだったりとシングルに強いタイアップが目白押しだった事もあり60万枚の大ヒット。セールス的な全盛期はこの時期である。故に楽曲の方も前作以上の勢いに満ちていて素晴らしい。今回は元GARNET CROWの古井弘人が全編曲を担当しているがこれが90年代ビーイングサウンド王道という感じで僕には刺さりまくりだ。ちなみに前作『』では明石昌夫(B’z、ZARD、WANDS、T-BOLAN等々の編曲で知られるアレンジャー)も編曲で関与していたが、彼は98年にビーイングと契約終了したので今作には未参加のようだ。

名バラード「未来」でどっしり幕を開け、圧巻のシングル3連発で確実に心を掴まれる。特に「anybody’s game」は「謎」を彷彿とさせる小松未歩必殺のミステリアス疾走系ナンバーで最高。タイアップは違ったけど、この曲も『コナン』主題歌に合っていたと思う。後半のアルバム曲もシングルに負けず劣らずのクオリティだしクライマックスで登場する「願い事ひとつだけ」はもう説明不要の代表曲。高校生の頃に前作『』とセットで買って以来大好きな一枚。『』と並んでまたしても全曲ハズレ無しの超オススメ盤ですので是非。

おすすめ度★★★★★

コメント

タイトルとURLをコピーしました