カテゴリー

【アルバム感想】『The Great Escape-COMPLETE BEST-』JUDY AND MARY

The Great Escape-COMPLETE BEST-
JUDY AND MARY

The Great Escape

収録曲

DISC.1

01.Over Drive
(作詞:YUKI、作曲:TAKUYA、編曲:JUDY AND MARY)
02.ラッキープール
(作詞:Tack and yukky、作曲・編曲:TAKUYA)
03.クラシック
(作詞:Tack and yukky、作曲:TAKUYA、編曲:JUDY AND MARY)
04.motto
(作詞:Tack and yukky、作曲・編曲:TAKUYA)
05.くじら12号
(作詞:Tack and yukky、作曲:TAKUYA、編曲:JUDY AND MARY)
06.KYOTO
(作詞・作曲:TAKUYA、編曲:JUDY AND MARY)
07.夕暮れ
(作詞・作曲:TAKUYA、編曲:JUDY AND MARY)
08.RADIO
(作詞:Tack and yukky、作曲:TAKUYA、編曲:JUDY AND MARY)
09.Hello! Orange Sunshine
(作詞:YUKI、作曲:恩田快人、編曲:JUDY AND MARY)
10.手紙をかくよ
(作詞:YUKI、作曲:TAKUYA、編曲:JUDY AND MARY)
11.イロトリドリ ノ セカイ
(作詞・作曲:TAKUYA、編曲:JUDY AND MARY)
12.Cheese “PIZZA”
(作詞:YUKI、作曲:TAKUYA、編曲:JUDY AND MARY)
13.ラブリーベイベー
(作詞:YUKI、作曲:TAKUYA、編曲:JUDY AND MARY)
14.おめでとう
(作詞:YUKI、作曲:恩田快人、編曲:JUDY AND MARY)
15.ステレオ全開
(作詞:Tack and yukky、作曲:TAKUYA、編曲:JUDY AND MARY)

DISC.2

01.そばかす
(作詞:YUKI、作曲:恩田快人、編曲:JUDY AND MARY)
02.小さな頃から
(作詞:YUKI、作曲:恩田快人、編曲:JUDY AND MARY)
03.散歩道
(作詞:YUKI、作曲:五十嵐公太、編曲:JUDY AND MARY)
04.LOVER SOUL
(作詞:YUKI、作曲:TAKUYA、編曲:JUDY AND MARY)
05.BLUE TEARS
(作詞:YUKI、作曲:恩田快人、編曲:JUDY AND MARY)
06.ジーザス!ジーザス!
(作詞:YUKI、作曲:TAKUYA、編曲:JUDY AND MARY)
07.クリスマス
(作詞:YUKI、作曲:恩田快人、編曲:JUDY AND MARY)
08.ドキドキ
(作詞:YUKI、作曲:恩田快人、編曲:JUDY AND MARY)
09.BATHROOM
(作詞:Tack and yukky、作曲:TAKUYA、編曲:JUDY AND MARY)
10.風に吹かれて
(作詞:YUKI、作曲:恩田快人、編曲:JUDY AND MARY)
11.DAYDREAM
(作詞:YUKI、作曲:恩田快人、編曲:JUDY AND MARY)
12.あたしをみつけて
(作詞:YUKI、作曲:五十嵐公太、編曲:JUDY AND MARY)
13.自転車
(作詞:YUKI、作曲:恩田快人、編曲:JUDY AND MARY)
14.Brand New Wave Upper Ground
(作詞:YUKI、作曲・編曲:TAKUYA)
15.エゴイスト…?
(作詞:YUKI、作曲:恩田快人、編曲:JUDY AND MARY)

データ

2001年5月23日、初登場1位
初動37.5万枚、売上78.0万枚、登場27週
Produce:JUDY AND MARY
Epic Records

再発盤

2009年9月2日(Blu-spec CD)

作品概要

JUDY AND MARYのベストアルバム『The Great Escape-COMPLETE BEST-』。2001年3月8日の東京ドームライブで解散した直後に発売された。ファン投票によって選ばれた上位30曲を収録。DISC.1には奇数順位の、DISC.2には偶数順位の曲が上位から順に入っている。「夕暮れ」「おめでとう」「エゴイスト…?」はアルバム初収録。1位は獲得したものの前年にベスト盤『FRESH』を大ヒットさせていた為かミリオンには至らず、ラストアルバム『WARP』の売上を下回った。2009年9月2日にBlu-spec CD仕様で再発された。

感想

前年の『FRESH』、及びその完全盤『COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」』は「KYOTO」以外シングル曲で構成されたベスト盤である。一方で今作では代表的なヒットシングルに加えアルバムやC/Wの人気曲も一緒に聴く事が出来るという点が特徴。シングルだと今作には「POWER OF LOVE」「ミュージック ファイター」「ひとつだけ」「PEACE-strings version-」が未収録であるがその4曲は『COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」』の方で聴く事が出来る。また『COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」』に未収録となっている「Cheese “PIZZA”」「ラブリーベイベー」「イロトリドリ ノ セカイ」「手紙をかくよ」の4曲は逆に今作で全て聴く事が出来る。要するにジュディマリの全シングル曲を押さえたいと思ったなら『COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」』と今作の両方を入手する必要があるという…。どっちのベスト盤もタイトルに「COMPLETE」と付けられているものの片方だけではコンプリート出来ない仕様なのがちょっと面倒くさい。

ファン投票ベストというとコアな選曲になるというイメージがあるが今作はそんな事は無く、代表ヒットシングルは全て収録されているので初心者の入り口としても十分に機能するベストになっている。「ミュージック ファイター」や「ひとつだけ」といった名曲が入っていないのは残念だけど、アルバム曲やC/W曲もシングルに負けない勢いとパワーのある名曲ばかりなので聴きごたえは抜群。『COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」』と迷う所だが、ジュディマリのベストアルバムはどっちが良いの?と問われたら僕がオススメするのは今作だ。

おすすめ度★★★★★

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク