カテゴリー

【アルバム感想】『FRESH』JUDY AND MARY

FRESH
JUDY AND MARY

FRESH

収録曲

01.POWER OF LOVE※フェードアウトしない
(作詞:YUKI、作曲:恩田快人、編曲:JUDY AND MARY)
02.BLUE TEARS
(作詞:YUKI、作曲:恩田快人、編曲:JUDY AND MARY)
03.DAYDREAM※フェードアウトしない
(作詞:YUKI、作曲:恩田快人、編曲:JUDY AND MARY)
04.Hello! Orange Sunshine
(作詞:YUKI、作曲:恩田快人、編曲:JUDY AND MARY)
05.RADIO
(作詞:Tack and yukky、作曲:TAKUYA、編曲:JUDY AND MARY)
06.小さな頃から
(作詞:YUKI、作曲:恩田快人、編曲:JUDY AND MARY)
07.自転車
(作詞:YUKI、作曲:恩田快人、編曲:JUDY AND MARY)
08.Over Drive
(作詞:YUKI、作曲:TAKUYA、編曲:JUDY AND MARY)
09.KYOTO※フェードアウトしない
(作詞・作曲:TAKUYA、編曲:JUDY AND MARY)
10.ドキドキ
(作詞:YUKI、作曲:恩田快人、編曲:JUDY AND MARY)
11.そばかす
(作詞:YUKI、作曲:恩田快人、編曲:JUDY AND MARY)
12.クラシック
(作詞:Tack and yukky、作曲:TAKUYA、編曲:JUDY AND MARY)
13.くじら12号
(作詞:Tack and yukky、作曲:TAKUYA、編曲:JUDY AND MARY)
14.散歩道
(作詞:YUKI、作曲:五十嵐公太、編曲:JUDY AND MARY)
15.ミュージック ファイター
(作詞:Tack and yukky、作曲:TAKUYA、編曲:JUDY AND MARY)
16.LOVER SOUL
(作詞:YUKI、作曲:TAKUYA、編曲:JUDY AND MARY)
17.Brand New Wave Upper Ground
(作詞:YUKI、作曲・編曲:TAKUYA)

データ

2000年3月23日、初登場1位
初動76.7万枚、売上177.6万枚、登場33週
Epic Records

作品概要

JUDY AND MARY初のベストアルバム『FRESH』。1998年末からの活動休止期間を経て、00年頭に活動を再開。そのタイミングでリリースされた。

1ヶ月前に出ていた活動再開シングル「Brand New Wave Upper Ground」(4位 15.8万枚)がアルバム初収録となったがこの曲は次のオリジナルアルバム『WARP』にも収録された。「KYOTO」のみアルバム曲であり他はデビューからのシングル曲が纏められているがシングル1曲目では「Cheese “PIZZA”」「ラブリーベイベー」「イロトリドリ ノ セカイ」「手紙をかくよ」が未収録。また「POWER OF LOVE」「DAYDREAM」「KYOTO」はフェードアウトしない初収録バージョンとなっている。初回盤はデジパック・ピクチャーレーベル仕様。

自身初のベスト盤という事で軽々ミリオンを突破し、97年の『THE POWER SOURCE』に次ぐ自身2番目のヒット作となった。2006年には今作以降のシングルを追加し2枚組仕様となりDVDも付属した完全盤『COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」』がリリースされている。

感想

完全盤『COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」』の存在があるので現在では役目を終えたアルバム…とも言えるんだけど、2枚組ではなく1枚で代表シングルをサクッと押さえられるという点に注目するとまだまだ意味のある作品だとも思える。大ヒットしただけあって中古屋でもよく見かけるし大抵安い値段で売ってるので「ちょっとジュディマリ聴いてみようかな」と思っている人は最初の1枚として格安入手しても良いかもしれない。わたくしマーもジュディマリで最初に買ったアルバムは今作だったので個人的な思い入れは深い。

おすすめ度★★★★☆

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク