カテゴリー

【アルバム感想】『ハチミツ』スピッツ

ハチミツ
スピッツ

ハチミツ

収録曲

01.ハチミツ
(作詞・作曲:草野正宗、編曲:笹路正徳・スピッツ)
02.涙がキラリ☆
(作詞・作曲:草野正宗、編曲:笹路正徳・スピッツ)
03.歩き出せ、クローバー
(作詞・作曲:草野正宗、編曲:笹路正徳・スピッツ)
04.ルナルナ
(作詞・作曲:草野正宗、編曲:笹路正徳・スピッツ)
05.愛のことば
(作詞・作曲:草野正宗、編曲:笹路正徳・スピッツ)
06.トンガリ’95
(作詞・作曲:草野正宗、編曲:笹路正徳・スピッツ)
07.あじさい通り
(作詞・作曲:草野正宗、編曲:笹路正徳・スピッツ)
08.ロビンソン
(作詞・作曲:草野正宗、編曲:笹路正徳・スピッツ)
09.Y
(作詞・作曲:草野正宗、編曲:笹路正徳・スピッツ)
10.グラスホッパー
(作詞・作曲:草野正宗、編曲:笹路正徳・スピッツ)
11.君と暮らせたら
(作詞・作曲:草野正宗、編曲:笹路正徳・スピッツ)

データ

1995年9月20日、初登場1位
初動46.7万枚、売上169.0万枚、登場57週
Produce:笹路正徳&スピッツ
ポリドール

以下再発盤データ

2002年10月16日(リマスター盤)
2008年12月17日(SHM-CD)
2017年7月5日(LP)、初登場24位、売上2476枚

作品概要

スピッツの6thアルバム『ハチミツ』。シングル「ロビンソン」(4位 162.4万枚)「涙がキラリ☆」(2位 98.1万枚)に加えC/Wから「ルナルナ」を収録。

4月発売の「ロビンソン」がミリオン超えの大ヒットを飛ばし遂に本格ブレイク。続く「涙がキラリ☆」もミリオン目前まで迫るヒットとなり、まさにバンドが絶好調の時期にリリースされた。結果、初の1位獲得となり、169万枚の大ヒット。オリジナルアルバムでは自身最大のセールスを記録し、スピッツ全体では『RECYCLE Greatest Hits of SPITZ』に次ぐ自身2番ヒット。カバーモデルの守屋綾子は全ての写真において顔を隠しているが、初回盤のケースでは顔を確認できる。

2002年10月16日に1st~8thアルバムがスティーヴン・マーカッセンによるリマスター盤として再発され、オリジナル盤は現在廃盤。08年12月17日にはリマスター盤をSHM-CDとして再発している。

2014年にテレビドラマ『あすなろ三三七拍子』主題歌に「愛のことば」が起用され、リミックスを施した「愛のことば-2014mix-」として配信限定でシングル化。また2015年12月には今作の発売20周年を記念して今作収録曲を若手ミュージシャン達が丸ごとカバーしたトリビュートアルバム『JUST LIKE HONEY~『ハチミツ』20th Anniversary Tribute~』がリリースされた。

感想

Mr.Children『深海』、河村隆一『Love』と並ぶ、わたくしマーの個人的J-POP三大名盤の一つ。思い入れが強すぎてフラットには語れないが、とにかくアルバム全体通して勢いが凄まじい。前作で至った自然体の世界観を残しつつ更に進化。誇張無しで、全曲シングルカットできるクオリティ。まさに全盛期真っただ中という感じで、どの曲もキラキラ輝いていて果てしないオーラに包まれている。世間一般が思うスピッツのイメージに一番近いオリジナルアルバムは多分コレなんじゃないだろうか。全体的にポップで可愛らしいがそれだけでもなく、「愛のことば」のようなシリアス路線の曲や、「トンガリ’95」のようにハードな曲もあり実に多彩。彼らのありとあらゆる魅力がギュッと凝縮された、何年経っても色あせない名盤中の名盤だ。素晴らしい音楽をありがとう。

おすすめ度★★★★★+1

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク