あいみょん・櫻坂46・星野源・秦基博他、2022年8月新曲レビュー (※更新中)

最近聴いたJ-POP感想
カテゴリー

2022年8月新曲レビュー

遂に8月、夏真っ盛り。わたくしマーの一番好きな季節到来。2022年8月に聴いた新曲感想、随時更新していきます。

前月(2022年7月)の新曲レビューはこちらです

KinKi Kids・菅田将暉・Snow Man・King Gnu他、2022年7月新曲レビュー
2022年7月新曲レビュー ここでは日々、CDやストリーミングで聴いた新曲や話題曲についての感想を書いていきますので、何卒宜しくお願い致します。 ※あくまで「最近聴いた曲」ですので、必ずしも該当月にリリースされた楽曲とは限りません。 ...

異世界混合大舞踏会(feat.おばけ) / 星野源

2022年7月18日(DL)、約2万DL

星野源の配信楽曲。「喜劇(feat.DJ Jazzy Jeff & Kaidi Tatham)」から約3週間ぶり。

映画『ゴーストブック おばけずかん』主題歌。映画に出ている声優、釘宮理恵・下野紘・杉田智和がコーラスとして参加している。星野源曰く「制作中、いくつかの楽しい心霊現象に見舞われので、来ていたおばけたちについでにコーラスを入れてもらいました」との事。星野源らしいノリの良い踊れる楽曲。ただキャッチーな空気はあるけどそこまで残る印象は無い…前作「喜劇」の方が好みだった。(2022/8/4更新)

おすすめ度…C(普通)

摩擦係数 / 櫻坂46

2022年7月25日(DL)

櫻坂46の配信楽曲。8月3日リリースの1stアルバム『As you know?』からの先行配信。

センターは森田ひかる・山崎天。作曲はKinKi Kids「ボクの背中には羽根がある」「Anniversary」等の編曲で名前を見かける家原正樹。エスニックな空気を醸し出すダンスナンバー。〈黙るってのは敗北だ〉というメッセージが「サイレントマジョリティー」を思い出させる。サビのテンポ・メロディーがかなりのインパクト。これまでのシングル表題曲は結構複雑なメロディーが多かったがこれは一発で覚えられたし不思議と何回も聴きたくなる。正直アルバム曲に期待してなかったんだけど、意外に櫻坂で一番好きな曲になるかも…?(2022/8/3更新)

おすすめ度…B+(良い曲)

残影 / 秦基博

2022年7月28日(DL)

秦基博の配信楽曲。前作「サイダー」から約3週間ぶり。

テレビ朝日系ドラマ『六本木クラス』挿入歌。大ヒット韓国ドラマ『梨泰院クラス』のリメイクドラマだ。主題歌は[Alexandros]じゃなかったっけ?と思ったがWikiを観るとこのドラマは毎話異なる挿入歌が使用されるスタイルになっており、第4話でオンエアされたのがこの曲なのだという。

ドラマの主人公・新が抱える痛みを表現したそうだがドラマ観てないのでそこに感情移入は出来ない(母が観てるのでチラ見位はしているが…)。でもまぁ普通にメロディアスな良い曲である。別なドラマだったら全然単独の主題歌として通用する。(2022/8/3更新)

おすすめ度…B(良い曲)

3636 / あいみょん

2022年7月29日(DL)

あいみょんの配信楽曲。8月17日リリースの4thアルバム『瞳へ落ちるよレコード』からの先行配信。

タイトルは「さんろくさんろく」(あいみょんのTwitterでの発言より)と読み、宅配ボックスの暗証番号を示す。あいみょんの誕生日が3月6日なので自身を主人公としているのかも。ストーリーが浮かんでくる歌詞と無性に懐かしくなってくるメロディーは流石。僕は常々あいみょんに90年代J-POPを感じると思っているが、今回は飛び越えて昭和フォークの匂いがする。上村一夫の『同棲時代』の空気というか…。派手さは無いがホッとできるし良い曲である。アルバムも楽しみだ。(2022/8/2更新)

おすすめ度…B+(良い曲)

暁 / ポルノグラフィティ

2022年7月29日(DL)

ポルノグラフィティの配信楽曲。8月3日リリースの12thアルバム『暁』からの先行配信。

わたくしマーの中で「もう一歩でハマりそう」状態が20年ほど続いているポルノグラフィティ。中高時代流行っていたし好きなシングル曲も沢山あるのだがオリジナルアルバムまで聴こうという気にならないんだよね。今回は恐らくアルバムの表題曲という事で気合が入っているのかシングルっぽい勢いがある。ただ勢いのまま駆け抜け過ぎて聴き終わると覚えていないという…。(2022/8/2更新)

おすすめ度…C+(普通)

夏の”好き”はご用心 / STU48

2022年7月31日(DL)

STU48の配信楽曲。7月30日から始まったオリジナル新公演『花は誰のもの?』にて書き下ろされた新曲で、同じく新曲の「そして人間は無力と思い知る」と同時配信。

作曲の井上トモノリはSTU48の「瀬戸内の声」の他、HKT48の「キスは待つしかないのでしょうか?」、乃木坂46の「夏のFree&Easy」等も手掛けた作家。いきなり2曲同時配信されたので何だこれ?と思ったが前述の通り劇場公演専用曲である。48系公演曲によくあるアイドルポップ。AKB全盛期の2010年頃に劇場公演の曲を集めたアルバムをいくつか聴いてどれも好印象だったのだがそれらと同じ位の曲…という感じ。普通に良い曲である。(2022/8/4更新)

おすすめ度…B(良い曲)

そして人間は無力と思い知る / STU48

2022年7月31日(DL)

STU48の配信楽曲。7月30日から始まったオリジナル新公演『花は誰のもの?』にて書き下ろされた新曲で、同じく新曲の「夏の”好き”はご用心」と同時配信。

昨今の世界情勢に対してのメッセージを歌い異例のUSENロングランヒットとなった「花は誰のもの?」。その路線でもう1曲作ってみましたという感じのシリアスな曲。かなり険しいタイトルだが曲の方はかなり耳に残る。特にサビのメロディーはドラマチックな仕上がりで良い。(2022/8/4更新)

おすすめ度…B(良い曲)

UTSUROI / 東方神起

2022年7月31日(DL)
2022年8月17日(CD)

東方神起の配信楽曲。8月17日にCDシングルとしてリリース予定。前作「まなざし」から約2年7か月ぶり。

東方神起を最後に借りたのは多分2013年の「Catch Me-If you wanna-」だった。当時観ていたドラマ『サキ』(同じく仲間由紀恵主演だった『美しい隣人』の前日譚)主題歌だったというのもあったがその頃までは割と継続的に聴いてたんだよな。その後からあまりキャッチーさを感じなくなり自然と離れてしまった。

今回久々に聴いた。ジャジィーというかシティポップ風味というか…とにかく大人な感じのミディアム曲。まぁ普通かな。カップリングに入ってたら隠れた良曲と言われそうな空気はあるが。(2022/8/5更新)

おすすめ度…C(普通)

Always You / milet

2022年8月1日(DL)
2022年8月17日(CD)

miletの配信楽曲。8月17日にCDシングルとしてリリース予定。前作「Walkin’ In My Lane」から約3か月ぶりとなる。

映画『TANG タング』主題歌。嵐の二宮和也が主演する映画でデボラ・インストールの小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』を原作としているという。miletらしい壮大なスケールのミディアムナンバー。大空を感じる壮大なサウンドは結構好みだがメロディーは抑え気味で惜しい。歌としてはそこまでピンと来なかった。(2022/8/5更新)

おすすめ度…C+(サウンドが良かったので+)

コメント

タイトルとURLをコピーしました