カテゴリー

【アルバム感想】『キラーストリート』サザンオールスターズ

キラーストリート
サザンオールスターズ

キラーストリート(リマスタリング盤)

収録曲

Disc 1

01.からっぽのブルース
02.セイシェル~海の聖者~
03.彩~Aja~
04.JUMP
05.夢と魔法の国
06.神の島遥か国
07.涙の海で抱かれたい~SEA OF LOVE~
08.山はありし日のまま※原由子ボーカル曲
09.ロックンロール・スーパーマン~Rock’n Roll Superman~
10.BOHBO No.5
11.殺しの接吻~Kiss Me Good-Bye~
12.LONELY WOMAN
13.キラーストリート※インスト
14.夢に消えたジュリア
15.限りなき永遠の愛

Disc 2

01.ごめんよ僕が馬鹿だった
02.八月の詩
03.DOLL
04.別離
05.愛と欲望の日々
06.Mr.ブラック・ジャック~裸の王様~
07.君こそスターだ
08.リボンの騎士※原由子ボーカル曲
09.愛と死の輪舞
10.恋人は南風
11.恋するレスポール
12.雨上がりにもう一度キスをして
13.The Track for the Japanese Typical Foods called “Karaage” & “Soba” ~キラーストリート(Reprise)
14.FRIENDS
15.ひき潮~Ebb Tide~

データ

2005年10月5日、初登場1位
初動63.3万枚、売上113.2万枚、登場48週
Produce:サザンオールスターズ
ビクター

以下再発盤データ

2008年12月3日(リマスター盤)、初登場122位、売上0.2万枚、登場1週

作品概要

サザンオールスターズの14thアルバム『キラーストリート』。オリジナルとしては前作『さくら』から7年ぶり、バラードベスト『バラッド3~the album of LOVE~』からは5年ぶりのアルバムとなった。

シングル「涙の海で抱かれたい~SEA OF LOVE~」(1位 74.2万枚)「彩~Aja~」(1位 27.9万枚)「君こそスターだ/夢に消えたジュリア」(1位 45.8万枚)「愛と欲望の日々」(1位 37.2万枚)「BOHBO No.5/神の島遥か国」(3位 25.9万枚)に加えC/Wから「雨上がりにもう一度キスをして」「恋人は南風」「FRIENDS」「DOLL」「LONELY WOMAN」を収録。これらは全て桑田佳祐のソロ活動を経て大々的にサザンを再開した2003年以降のシングルであり、活動休止以前のシングル「イエローマン~星の王子様~」「TSUNAMI」「HOTEL PACIFIC」「この青い空、みどり~BLUE IN GREEN~」は未収録。「山はありし日のまま」「リボンの騎士」は原ボーカル曲。初回盤にはレコーディング風景が収められたDVD『FILM KILLER STREET』と桑田によるセルフライナーノーツが付属。

オリジナルアルバムでは96年の『Young Love』以来のミリオンセラーとなり、2枚組オリジナルアルバムのミリオンセラーは94年に発売されたB’z『The 7th Blues』以来史上2作目の快挙であった。

デビュー30周年を迎えた2008年にはオリジナルアルバム全作が初のリマスタリング盤として一斉再発された。当時オリジナル盤の発売から3年しか経っていなかった今作もしっかりラインナップに加わっており再発されている。

感想

2000年に「TSUNAMI」を大ヒットさせてからはそれまでに見られていたようなマニアックな曲調のシングルは姿を消し、ひたすら売れ線王道全開のナンバーを連発するようになった。そして活動休止を経た03年以降のサザンが出した一つの答えであり集大成だったであろう2枚組の大作がこの『キラーストリート』である。まさに大衆的お祭りバンド・サザンのイメージのまま聴ける売れ線ポップスアルバム。03~05年のサザンをまとめて聴ける半ベスト盤としても機能しうる。シングルのキャッチーさは勿論のことアルバム曲にもシングルと遜色ないクオリティのナンバーが並んでいて非常に聴きやすい。個人的にもJ-POPに興味を持ってから初めて出されたサザンの新作アルバムだったので事で思い入れが大変深い一作。

一方でこうしたポップに振り切れた作風に対して賛否が巻き起こったのも事実であり、特に古くから追いかけている長く深いファンほど疑問を感じているようだ。同じ2枚組という事で85年の『KAMAKURA』と比較するファンも居るだろうし、デビューから80年代後半頃の挑戦的だったサザンをリアルタイムで見てきたファンには今作はポップ一辺倒に感じられてしまうのかもしれない。こればかりはそのリスナー自身がどういう時代を生きてきたかによるので仕方が無い所だと思う。僕にとってのリアルタイムでのサザンというのは「TSUNAMI」以降、さらに厳密には03年の活動再開以降なのである。まさにそのリアルタイムの時期を丸々収録した今作は僕にとって名盤以外の何物でも無く、30曲という一見許容オーバーに思えるボリュームもすんなりと満足感に変わった。

バンド以外のサポートミュージシャンを数多く起用していたり、メンバーにベース・関口和之が居るにも関わらず何曲かは桑田自らがベースを演奏していたり(本人曰く「異なったニュアンスを出すため」)といったバンドのバランスが心配になってしまう要素も見られるアルバムである。「TSUNAMI」大ヒット以降のサザンが単なる一ロックバンドという枠を超え桑田佳祐を中心とした大型プロジェクトと化した事は明白であり、その為に積り積もった疲弊が08年の無期限活動休止へと通じていったのも確かだろう。そう考えるとポップで売れ線なアルバムなんだけど聴いていてどこか切なくなってきてしまう部分もある。

おすすめ度★★★★★

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク