カテゴリー

【アルバム感想】『NUDE MAN』サザンオールスターズ

NUDE MAN
サザンオールスターズ

NUDE MAN(リマスタリング盤)

収録曲

01.DJ・コービーの伝説
(作詞・作曲:桑田佳祐、編曲:サザンオールスターズ)
02.思い出のスター・ダスト
(作詞・作曲:桑田佳祐、編曲:サザンオールスターズ)
03.夏をあきらめて
(作詞・作曲:桑田佳祐、編曲:サザンオールスターズ、弦管編曲:八木正生)
04.流れる雲を追いかけて※原由子ボーカル曲
(作詞・作曲:桑田佳祐、編曲:サザンオールスターズ、弦管編曲:八木正生)
05.匂艶 THE NIGHT CLUB
(作詞・作曲:桑田佳祐、編曲:サザンオールスターズ、弦管編曲:八木正生)
06.逢いたさ見たさ病める My Mind
(作詞・作曲:桑田佳祐、編曲:サザンオールスターズ)
07.PLASTIC SUPER STAR(LIVE IN BETTER DAYS)
(作詞・作曲:桑田佳祐、編曲:サザンオールスターズ、弦管編曲:新田一郎)
08.Oh!クラウディア
(作詞・作曲:桑田佳祐、編曲:サザンオールスターズ、弦管編曲:新田一郎・国本佳宏)
09.女流詩人の哀歌
(作詞・作曲:桑田佳祐、編曲:サザンオールスターズ、弦管編曲:新田一郎)
10.NUDE MAN
(作詞・作曲:桑田佳祐、編曲:サザンオールスターズ)
11.猫※大森隆志ボーカル曲
(作詞・作曲:大森隆志、編曲:サザンオールスターズ)
12.来いなジャマイカ
(作詞・作曲:桑田佳祐、編曲:サザンオールスターズ)
13.Just a Little Bit
(作詞・作曲:桑田佳祐、編曲:サザンオールスターズ、弦管編曲:八木正生)

データ

1982年7月21日(LP)、最高1位
売上57.6万枚、登場43週
1982年7月21日(CT)、最高1位
売上39.0万枚、登場43週
Produce:高垣健、サザンオールスターズ
ビクター

以下再発盤データ

1984年6月21日(CD)
1989年6月25日(CD、CT)
1998年4月22日(CD)、最高64位、売上0.5万枚、登場2週
2008年12月3日(リマスターCD)、初登場89位、売上0.2万枚、登場1週

作品概要

サザンオールスターズの5thアルバム『NUDE MAN』。1981年の前作『ステレオ太陽族』から丁度1年ぶり。間にカセットのみの企画盤ベストアルバム『BEST ONE ’82』『Shout!』がリリースされていた(どちらも現在は廃盤)。

シングル「匂艶 The Night Club」(8位 29.7万枚)収録。シングルとしては久々にトップ10入りし大ヒットとなった「チャコの海岸物語」は未収録。「流れる雲を追いかけて」は原由子ボーカル曲。また「猫」はギター大森の作詞・作曲でありボーカルも担当している。

1984年6月に初CD化された後、89年6月にCD再発。デビュー20周年を迎えた98年には音量調整を施した上で再発。30周年を迎えた2008年にはオリジナルアルバム全作が初のリマスタリング盤として一斉再発された。

感想

これ以降はテクノサウンドやコンピューターサウンドを取り入れた作風に変化してゆくため、いわゆる初期サザンのテイストは今作までとなるようだ。やはり前作のような大人の渋みを醸しだすミディアムナンバーも目立つが、一方で「PLASTIC SUPER STAR(LIVE IN BETTER DAYS)」(なんとライブテイク)のようにガツンとバンドサウンドを聞かせる曲もあり中々に聴きごたえがある。これからファン人気も高い名バラード「Oh!クラウディア」に繋がる部分なんかはかなり好き。久々のヒットとなった「チャコの海岸物語」を未収録にしてしまうとはかなり強気だが、あの曲は少々異色のナンバーだった為もし収録されていたとしても浮いていただろうから賢明な判断だったかもしれない。おかげでまとまりのある一作に仕上がっているように思う。

おすすめ度★★★☆☆

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク