カテゴリー

【アルバム感想】『LOOSE』B’z

LOOSE
B’z

LOOSE

収録曲

01.spirit loose
(作詞:稲葉浩志、作曲・編曲:松本孝弘)
02.ザ・ルーズ
(作詞:稲葉浩志、作曲:松本孝弘、編曲:松本孝弘・稲葉浩志・池田大介)
03.ねがい(“BUZZ!!” STYLE)
(作詞:稲葉浩志、作曲:松本孝弘、編曲:松本孝弘・稲葉浩志)
04.夢見が丘
(作詞:稲葉浩志、作曲:松本孝弘、編曲:松本孝弘・稲葉浩志)
05.BAD COMMUNICATION(000-18)
(作詞:稲葉浩志、作曲:松本孝弘、編曲:松本孝弘・稲葉浩志)
06.消えない虹
(作詞:稲葉浩志、作曲:松本孝弘、編曲:松本孝弘・稲葉浩志・池田大介)
07.love me, I love you(with G Bass)
(作詞:稲葉浩志、作曲:松本孝弘、編曲:松本孝弘・池田大介)
08.LOVE PHANTOM
(作詞:稲葉浩志、作曲:松本孝弘、編曲:松本孝弘・稲葉浩志・池田大介)
09.敵がいなけりゃ
(作詞:稲葉浩志、作曲:松本孝弘、編曲:松本孝弘・明石昌夫)
10.砂の花びら
(作詞:稲葉浩志、作曲:松本孝弘、編曲:松本孝弘・稲葉浩志)
11.キレイな愛じゃなくても
(作詞:稲葉浩志、作曲:松本孝弘、編曲:松本孝弘・稲葉浩志・池田大介)
12.BIG
(作詞:稲葉浩志、作曲:松本孝弘、編曲:松本孝弘・稲葉浩志)
13.drive to MY WORLD
(作詞:稲葉浩志、作曲:松本孝弘、編曲:松本孝弘・稲葉浩志)
14.spirit looseⅡ※インスト・シークレットトラック

データ

1995年11月22日、初登場1位
初動133.6万枚、売上300.3万枚、登場32週
Produce:松本孝弘
Rooms RECORDS

作品概要

B’zの8thアルバム『LOOSE』。94年の前作『The 7th Blues』から約1年8ヶ月ぶり。

シングル「ねがい(“BUZZ!!” STYLE)」(1位 149.9万枚)「love me, I love you(with G Bass)」(1位 139.4万枚)「LOVE PHANTOM」(1位 186.2万枚)収録。前年にリリースされていた「MOTEL」は未収録

B’zは2人であるという原点に立ち返り、これまでの制作スタッフ集団「B+U+M」を解散させ松本・稲葉2人が中心となって制作された。今作から稲葉もサウンド作りから参加。また池田大介がアレンジャーとして初参加している。フォトブックレット付でスリーブケース入りだが通常盤のみの発売。

当時の歴代最高初動を記録し、累計でトリプルミリオンに到達。B’zのオリジナルアルバムでは最大ヒット作となった。96年度年間アルバムチャート3位。

感想

B’zの二人が自分達のルーツを全面提示した前作『The 7th Blues』から打って変わってポップ&ロック路線へと回帰した。収録シングルの時点で明らかにポップ&キャッチーな空気が炸裂していたし。前94年は「暗黒時代」なんて呼ばれていたが、いくら年が変わったからといってここまでガラリと変わるものか…?という位に作風が転換していて面白い。収録されている3シングルはもはや説明不要な程の名曲揃いだし、就職活動をしたくない大学生の嘆きを歌った超絶ナンバー「ザ・ルーズ」(〈おとうさんゴルフの素振りをやめて~〉なんて歌詞をここまでカッコよく仕上げられるのは彼ら位であろう)、後のベスト盤にも収録される名バラード「消えない虹」等アルバム曲も充実。ただシングルやリード曲があまりにも強過ぎて後半のアルバム曲の印象がやや薄い気もする。とは言えやはりオリアル最大ヒットだけあって凄まじい勢いを感じるし「ねがい」「love me, I love you」はシングル時とかなり異なるアレンジが施されているのでベスト盤を持っていても一聴の価値アリ。

おすすめ度★★★★☆

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク