カテゴリー

【アルバム感想】『elements』day after tomorrow

elements
day after tomorrow

収録曲

01.High-Spirit
(作詞:misono、作曲:鈴木大輔、編曲:五十嵐充・day after tomorrow)
02.Time Of Destiny
(作詞・作曲:北野正人、編曲:五十嵐充・day after tomorrow)
03.ありふれた日常を捨てて
(作詞・作曲:北野正人、編曲:五十嵐充・day after tomorrow)
04.Sentence
(作詞:misono、作曲:北野正人、編曲:石塚知生・五十嵐充・day after tomorrow)
05.Stay in my heart
(作詞:misono、作曲:鈴木大輔、編曲:石塚知生・五十嵐充・day after tomorrow)
06.Oval
(作曲:鈴木大輔、編曲:day after tomorrow)
07.Losing myself
(作詞:misono、作曲:鈴木大輔、編曲:五十嵐充・day after tomorrow)
08.FUNNY DAYs
(作詞・作曲:北野正人、編曲:石塚知生・五十嵐充・day after tomorrow)
09.Morning glow
(作曲:北野正人、編曲:day after tomorrow)
10.grow
(作詞:misono、作曲:鈴木大輔、編曲:五十嵐充・day after tomorrow)
11.naturally
(作詞:misono、作曲:鈴木大輔、編曲:五十嵐充・day after tomorrow)
12.flower of youth
(作詞・作曲:鈴木大輔、編曲:石塚知生・五十嵐充・day after tomorrow)

DISC.2(初回盤Aのみ付属)

01.for you
(作詞:misono、作曲:鈴木大輔、編曲:五十嵐充)
02.Hello!,everybody!
(作詞:misono、作曲:北野正人、編曲:五十嵐充・day after tomorrow)
03.rosy girl
(作詞:misono、作曲:北野正人、編曲:五十嵐充・day after tomorrow)
04.gift
(作詞:misono、作曲:鈴木大輔、編曲:五十嵐充)
05.futurity
(作詞:misono、作曲:鈴木大輔、編曲:五十嵐充・day after tomorrow)
06.gradually
(作詞:misono、作曲・編曲:五十嵐充)
07.melody
(作詞:misono、作曲:鈴木大輔、編曲:石塚知生・五十嵐充・day after tomorrow)
08.after all…
(作詞:misono、作曲:五十嵐充、編曲:五十嵐充・day after tomorrow)
09.prize
(作詞:misono、作曲:鈴木大輔、編曲:五十嵐充)
10.vivace
(作詞:misono、作曲:北野正人、編曲:五十嵐充)
11.faraway
(作詞:misono、作曲:鈴木大輔、編曲:石塚知生・五十嵐充)
12.My faith
(作詞:misono、作曲:鈴木大輔、編曲:五十嵐充・day after tomorrow)

データ

2003年3月26日、初登場3位
初動8.6万枚、売上15.8万枚、登場24週
Produce:max matsuura
avex trax

作品概要

day after tomorrowの1stフルアルバム『elements』。2002年8月の1stミニ『day after tomorrow』、11月の2ndミニ『day after tomorrow Ⅱ』に続いてリリースされた自身初のフルアルバム

1st・2ndミニと同様に先行シングル無しの状態でのリリースだった。4月には「Stay in my heart」(18位 1.0万枚)が1万枚限定生産でシングルカット。同時にカップリングとして「naturally」もカットされた。また1曲目「High-Spirit」は3rdシングルにシークレットトラックとして収録されていた楽曲である。

初回盤Aは1st・2ndミニアルバムに収録されていた全12曲が改めて収録されたDISC.2が付属。初回盤Bは「faraway」「My faith」「futurity」のMVに加え『a-nation 02』のライブ映像を収録したDVDが付属。通常盤はCDのみで、DISC.1の内容に「faraway」「My faith」「futurity」の3曲を加えた全15曲の構成となっている。

感想

当時抱いたイメージは「第2のEvery Little Thingが出てきた!」。2002年~2003年はちょうどJ-POPに興味・関心を持ち始め、ミュージックステーション、CDTV、HEY!HEY!HEY!等の音楽番組を片っ端から観るようになっていた時期。そのどれもに大型新人!というポジションで出演していた彼らはいかにも会社からの猛プッシュを受けているユニットなんだな、という感覚が中学生ながらあった。推されているとはいえ実際初期ELTのようなキャッチーさ溢れる楽曲達はどれも耳馴染みが良く、「どれも良い曲だなぁ」と好印象だった。

ミニアルバム2作を経て満を持してのフルアルバム。路線は前2作と同じく徹底的な爽やかさとコテコテのエイベックスサウンドの曲が並ぶ。元ELTの五十嵐充氏がサウンドプロデューサーとして参加しているだけあって初期ELTに近い雰囲気だし、同時期の浜崎あゆみなんかとも近い方向性だと思う。メロディーも良く、ゼロ年代エイベックスの王道である。流石にフルアルバムで一気に12曲となると1曲1曲の印象が薄くなるものの、この路線の楽曲が好きな人ならばかなり好印象なアルバムとなるのは間違いない。僕としては今作のCMでも使われていた「High-Spirit」と「naturally」が特に頭一つ抜けて良い曲だと思った。

あと初回盤Aには1stミニアルバム『day after tomorrow』、2ndミニアルバム『day after tomorrow Ⅱ』の収録曲が全て入ったDISC.2が付いてくるので、前2作を持っておらずこれからdatを聴いていこうという人は初回盤Aを買う事をオススメする。僕も実際初めてdatのCDを買ったのが今作の初回盤Aで、本編であるDISC.1よりも寧ろDISC.2良いなぁと聴きまくった。特に中古だとこの初回盤Aも格安で見つかると思うのでオススメ。今からミニアルバム2作を買うよりも手っ取り早いし安いしお得だからね。

おすすめ度★★★★☆

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク