カテゴリー

【アルバム感想】『HAPPY』大原櫻子

HAPPY
大原櫻子

HAPPY(初回限定SPECIAL HAPPY盤)【CD+DVD】

収録曲

01.Over The Rainbow
02.サンキュー。
03.瞳
04.無敵のガールフレンド
05.明日も
06.頑張ったっていいんじゃない
07.Happy Days
08.のり巻きおにぎり
09.READY GO!
10.ただ君のことが好きです
11.ちっぽけな愛のうた
12.ワンダフル・ワールド

データ

2015年3月25日、初登場2位
初動3.3万枚、売上7.5万枚、登場48週
Produce:亀田誠治
Victor Entertainment

作品概要

大原櫻子の1stアルバム『HAPPY』。

2013年に映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」のヒロイン理子役に抜擢され、更に劇中バンドMUSH&Co.のボーカルとして女優と同時に歌手デビューも果たす。このMUSH&Co.としてシングルを2枚発表した後、2014年11月にシングル「サンキュー。」で大原櫻子として正式にソロデビュー。

今作にはMUSH&Co.としてのシングル「明日も」(15位 3.4万枚)、これのスピンオフシングル「頑張ったっていいんじゃない」(8位 1.5万枚)、更にソロデビュー後の「サンキュー。」(12位 2.1万枚)「瞳」(5位 2.0万枚)を収録。初回限定 SPECIAL HAPPY盤は「Happy Days」「無敵のガールフレンド」のMVやメイキングを収めたDVD付き。完全生産限定 SUPER HAPPY盤はピック等のグッズが付属。通常 HAPPY盤はCDのみ。EXILEの『19-Road to AMAZING WORLD-』(初動20.4万枚)に及ばず最高位は2位。

感想

全編通してイメージ通りにストレートで爽快。売れ線J-POPど真ん中という感じで聴いていて非常に心地いい。亀田誠治がプロデュースという盤石な制作環境である事がまず大きいと思うがそれプラスやはりこのはつらつとしたフレッシュさが何物にも替えられない魅力だろう。歌番組等ではギターを弾きながら歌っていて一見シンガーソングライターっぽい雰囲気を纏っているものの作詞・作曲は全面的に亀田誠治が手掛けており本人は「瞳」で詞を共作した程度。だからか逆に自作シンガーにありがちな癖やエゴが全く見られず間口が広い作品になっていると思う。言い換えれば無味無臭という感じにも言えてしまうんだけどこの人のファンはそういうアクを求めていないと思うのでこれで良い。僕が思う所謂J-POPらしいJ-POPアルバム。爽やかなサウンドで良いメロディーの曲を欲しているJ-POPファンは是非一度聴いてみましょう

おすすめ度★★★★☆

HAPPY(初回限定SPECIAL HAPPY盤)【CD+DVD】
大原櫻子
ビクターエンタテインメント (2015-03-25)
売り上げランキング: 24,022
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク